学校導入

1. 米国の「今年の最優秀校長」の言葉──TMは私が40年間に出会った最高のプログラムです

数年前にロサンゼルスで行われたデビッド・リンチ財団主催のチャリティー・イベントで、サンフランシスコの2万人の教職員を指導するカルロス・ガルシア教育長が、全米の教育制度に超越瞑想を導入すべきだという情熱的なスピーチを行いました。

彼が最初にTMをサンフランシスコの学校に実験的に導入したときには、多くの反対がありました。しかし、その結果はたいへん目覚ましいものであったので、この実験は4つの学校の2000人の生徒たちに広がりました。

この他にもTM導入の順番を待っている学校がサンフランシスコだけでも16校あります。世界的にみると、標準的なカリキュラムの一部にTMを導入している学校は700以上になります。

2007年にサンフランシスコで一番最初に超越瞑想を採用した中学校のジム・ダーキー校長は、翌年の2008年に生徒の行動や成績の著しい改善が認められて、ブッシュ大統領から「今年の最優秀校長」の称号を授与されました。

以下の動画では、サンフランシスコ統一学区のカルロス・ガルシア教育長が話しています。

以下の動画では、ヴィジテーションバレー中学校のジム・ダーキー校長と生徒達が超越瞑想について語っています。

次の動画は、教育にTMを導入した「静かな時間」プログラムに参加した生徒たちの証言です。

2. 英国およびブラジル政府が教育へのTM導入を支援

英国政府は最近、自国の教育にTMを導入する予備プロジェクトとして、マハリシ・スクールへの財政支援を決定しました。また政府は、いくつかのマハリシ・スクールを新設するための資金も提供しています。

ブラジルでは、教育大臣の決断により、自国のすべての公立学校(38,000校)のカリキュラムに、超越瞑想が正式科目として加えられることになりました。それによってブラジルの3000万人の子供たちがTMを学ぶことになります。

メキシコや米国サンフランシスコでも、現在、教育省や教育委員会が学校へのTM導入を支援しています。

3. 英国政府に公認された英国のマハリシ・スクール

北イングランドのスケルマズデールにあるマハリシ・スクールは、私立学校として20年間運営された後、現在では公立学校として認められ、公的資金を受ける権利を有しています。

公立学校として認められた主な理由は、マハリシ・スクールの生徒が毎年のように達成している目覚ましい成果にあります。

2002年、マハリシ・スクールはイングランドの4400校中の第14位にランクされました。他のトップクラスの学校と違って、マハリシ・スクールは無試験入学の方針を採っています。

他のすべてのトップクラスの学校は、最も優秀な生徒を入学させることで名声を保っていますが、マハリシ・スクールは、生徒の脳の全潜在力を開発することにより、また、生徒の成功の基盤を築き上げることにより、トップクラスの地位を達成したのです。

4. TMを学ぶ3000人の仏教僧

仏教からは数多くの瞑想法が生まれました。しかし東洋では多くの仏教僧が超越瞑想も実践しています。

東南アジアの100カ所の僧院で3000人以上の僧侶がTMを学びました。彼らはTMの単純さ、容易さ、そしてそれがもたらす深遠な恩恵を楽しんでいます。

5. タイの仏教学校での成功の秘訣

ダンマジャリン・ウィッタヤ・フリースクールは、タイにある仏教徒の全寮制学校です。この学校は貧しい家庭の子供たちに、教育を受ける機会を与えるために設立されました。設立から数年後、この学校は超越瞑想をカリキュラムの一部として導入し、400人以上の幼い子供たちがTMを学んで、人生にもたらされる様々な恩恵に気づきました。

これらの子供たちの多くは暴力や性的虐待を受けた経験があります。彼女たちは、そのようなトラウマ的な経験を克服するために、TMがとても役に立ったと話しています。

紹介動画:タイの仏教の寄宿学校で超越瞑想が教えられる

仏教の寄宿学校であるダマジャリニー・ウィッタヤ・フリースクールは、400人以上の少女たちに幼稚園から高校までの教育を行っています。
学校を運営しているのは、仏教徒の尼僧であり、生徒の衣服から持ち物まですべてを無料で提供しています。この学校では、少女たちがよりよい人生を築き、将来の指導者となるように、仏教の教えと一般教育のカリキュラムを行い、さらに数年前から超越瞑想を取り入れ始めました。

関連記事はこちら