うつ病

1. TMによるうつ病の効果

超越すること──うつ病の改善

抗うつ剤はセロトニンを人為的に操作しますが、超越瞑想はセロトニンを自然に増やします

うつ病は世界中の何百万人の人生を惨めなものにしていますが、現代科学では、うつ病の原因や治療法はまだ十分に解明されていません。

うつ病の原因に関しては様々な見解がありますが、多くの研究者は、セロトニンという神経伝達物質の濃度のアンバランスが、その人の気分を憂鬱にし、うつ病を引き起こす可能性があると考えています。

セロトニンは実際には神経伝達物質ですが、しばしば『幸福ホルモン』と呼ばれています。

セロトニン濃度の減少には、以下のような要因が考えられます。
   – 脳細胞によるセロトニンの産生量が少ない。
   – セロトニンを受けとめる受容体の部位が不足している。
   – セロトニンがその受容体の部位に到達できない。
   – セロトニンの原材料となるトリプトファンが不足している。

これらの生化学的要因のいずれかが作用している場合、研究者は、それがうつ病を引き起こしているのではないかと考えます。

うつ病の症状が重くなると、脳はもはや正常に機能しなくなり、その結果、「幸福ホルモン」であるセロトニンの産生量が減少し、不幸な気分が増していくのです。

抗うつ剤治療では、セロトニン濃度を人為的に調整することで、うつ病の症状を和らげようとします。その方法では症状を緩和できるかもしれませんが、副作用を引き起こす可能性もあります。

それに対して、超越の体験は、体に備わる治癒力を目覚めさせることで、脳の正常な機能を徐々に取り戻していきます。

BUJATTI, M., and RIEDERER, P. Serotonin, noradrenaline, dopamine metabolites in Transcendental Meditation technique. Journal of Neural Transmission 39: 257–267,1976

ある研究結果では、TMの実践中にセロトニンの産生量が増えることが確認されました。さらにTMの規則的な実践を続けていくと、1日を通じてセロトニンの産生量が増えるということが明らかになりました。

多くの患者が、超越瞑想の実践を続けることで、うつ病の症状が著しく改善したと報告しています。研究の結果、超越の体験は、遺伝性の臨床的うつ病さえも改善することが分かっています。

抗うつ剤には有害な副作用があり、超越には有益な副作用があります

有益な副作用

明かりを灯すと暗闇は消えてなくなります。すべての人の内側には永遠なる幸福の源があります。
(詳しくは「超越すること──人間の最高の体験」をご覧ください)

セロトニンの増加は、私たちが自身の内側にある幸福の源にどのくらい触れているかを客観的に知るための一つの指標となります。

そしてまた、内側にある源に触れることで、このサイトで紹介しているように、『健康』、『脳の発達』、『自信』、『人間関係』、『成功』など他にも多くの面に改善が見られます。

そして私たちは、自分自身に対して良い感じをもつようになり、自分のことがもっと好きになります。自分を好きになることで、人生全体を改善するのための基盤が築かれるのです。

うつ病に対するTMの効果:科学的研究

TMの実習がうつ病にもたらす効果は、20件以上の研究によって検証されています。以下にそのうちの3件の研究を詳しく紹介しますが、その他の研究については、科学的調査をご覧ください。

1. 米国の国立衛生研究所による研究

米国の国立衛生研究所(NIH)は、世界で最も大きく最も有名な保健研究機関の一つです。NIHが科学的研究に対して高い質を要求することはよく知られています。

ここ数年、NIHは、超越瞑想がうつ病に与える影響を調査する2件の研究に資金援助を行ってきました。これらの研究は、心臓病に対するTMの影響を調査する大規模な研究の一部として行われています。

TMを3カ月実践した後に臨床的うつ病が48%緩和
Ethnicity & Disease 17: 72–77, 2007
American Journal of Hypertension 22: 1326–1331, 2009

ロサンゼルスのチャールズ・ドルー大学とコハラのハワイ大学で行われた2つの研究では、TMを学んだグループは、対照グループと比較して、うつ病の症状に有意な改善が見られました。この改善は、重度のうつ病を抱えている被験者に最も顕著に現れました。

臨床的うつ病と診断された被験者は、平均して抑うつ症状が48%緩和しました。最も顕著な改善は3カ月以内に起こりました。

2. 超越瞑想と心理療法との比較

米国デンバーのコロラド大学医療センターで行われた研究では、心的外傷後ストレスの治療を受けている患者を対象に、うつ病を含むいくつかの症状に関して、最新の心理療法と超越瞑想の効果を比較する調査が行われました。

TMは最新の心理療法よりも大きな効果が見られました
Journal of Counseling and Development 64: 212–215

3カ月後、TMを学んだグループは、調査されたすべての症状で有意な改善を示しました。

 –うつ病 p<.001*,
   –心的外傷後ストレス障害 p<.001,
   –不安症 p<.001,
   –感情の麻痺 p<.005,
   –アルコール依存症 p<.01,
   –不眠症 p<.001, and
   –家庭内トラウマ p<.01.

*p値については、「p値とは?」をご覧ください)

それに対して、心理療法を受けたグループは、どの症状にも有意な改善は見られませんでした。
ただし、重度のトラウマ性ストレスをもつ患者の治療に超越瞑想を用いる場合には、治療効果が期待できるのは、症状がそれほど重くないか、根深くない患者であるという前提で取り扱う方が無難でしょう。

3. 超越瞑想とストレス管理との比較

心理療法と同様に、ストレス管理も心の表層にしか作用しない傾向がありますが、しばしばうつ病の原因になっている緊張は、心のずっと深いところに根差しています。
そのためストレス管理は、超越の体験とは異なり、うつ病に対する効果は限られたものになりがちです。

ストレス管理は心の表層にしか作用しませんが、うつ病の原因は心のずっと深いところに根差しています

このことを検証するために、米国カリフォルニア州ウェストオークランド健康センターと米国政府が共同で研究を行いました。

この研究は米国政府の監視が厳重な機関で行われたものです。この機関で勤務する職員は高いストレスにさらされていることがよく知られています。職員は、TMを学ぶグループと、ストレス管理プログラムに参加するグループの2つに分けられました。

どちらのグループも、プログラムに対して同じ程度の期待を持ち、TM教師またはストレス管理コーチから同じ時間数の訓練を受けました。また、結果を測定した研究者は、どの職員がどちらのグループに属しているかを知らされていませんでした。

調査を開始した時点では偶然にも(無作為振り分けのため)TMグループの方が抑うつのレベルが高かったのですが、3カ月以内に劇的な改善を示し、一方、ストレス管理グループは統計的に有意な改善は見られませんでした。

3年後に再度測定が行われた時に、この違いは顕著に現れました。ストレス管理グループは統計的に有意な悪化を示しました(抑うつのレベルを測定した点数が高くなっていました)が、TMグループは、職務で多くのストレスにさらされていたにもかかわらず、改善が持続していました(p<.01)。

うつ病に関する他の研究については、科学的調査をご覧ください。

薬物療法と瞑想

うつ病の患者の中には、短期間に顕著な改善を示す人もいますが、多くの場合、その効果は徐々に現れてきます。そして、TMを規則的に実践していると、その効果は蓄積していきます。

ですので、うつ病の処方薬を服用している方は、薬物療法と瞑想をどちらも続けて、症状が軽減したり、なくなったことに気づいたときに、薬を徐々に減らしてもよいかどうか、かかりつけの医師に相談するようになさってください。医師に相談せずに薬物療法を中止することは望ましくありませんのでご注意ください。

2. 医師が質問に答える成人のうつ病

超越瞑想とうつ病(成人)について医師が質問に答える

Q:私はどうしてもぼんやりと時間を過ごすことが多いのですが、超越瞑想を実践すれば何とかなるでしょうか?

クラーグ博士:超越瞑想をすると、多くの場合、私たちが生活する上で最も必要なものが生みだされます。それはバランスです。超越瞑想には健全な形で「正常化」をもたらす効果があります。ですから、過度に不活発な人々がTM(超越瞑想)を規則的に実践すると、活動性が増してくることがよくあります。

それとは反対に、健康を損なうほど活動的になっている人々がTMを規則的に実践すると、たいていはバランスのとれた生活習慣が取り戻されます。私の経験では、超越瞑想を規則的に実践する人々は、気分や活動のレベルが安定しています。

Q:超越瞑想を実践していても、抗うつ薬の服用は続ける必要がありますか?

クラーグ博士:うつ病で抗うつ薬を服用している人々が超越瞑想を実践すれば、確実に良い効果が得られます。TMの効果は累積的であり、徐々に現れてきます。一気に現れるのではありません。

大切なことは脳生理を正常に戻すことです。薬を服用しながら瞑想を続け、抑うつが治まってしばらくしてから、薬の服用量を徐々に減らしてもいいか主治医に相談してみてはどうでしょうか。薬物療法に関しては必ず主治医と話し合い、自分の判断で服用を中止しないことをお勧めします。

Q:私は数年ごとに激しいうつの発作が起こります。このような発作を超越瞑想で予防することができますか?

クラーグ博士:超越瞑想は多くの場合、バランスを整える効果をもたらします。TMがいつでもうつの発作を予防するとは断言できませんが、研究の結果、TMは気分を安定させるのに役立ち、健康に有益な効果があることがわかっています。
ですから、それを試してみる価値は十分にあります。もちろん私は、TMを学んだ後でうつの発作が減ったという人々を何人も知っています。

研究では、TMの実践で抑うつが減少することもわかっています。例えば、『カウンセリングと発達ジャーナル』で発表された研究では、心的外傷後ストレス障害の患者が超越瞑想を実践した結果、無作為に割り振られて心理療法を受けた対照群の患者と比較して、4か月後に抑うつが有意に減少しました。対照群の患者には抑うつの有意な減少は見られませんでした。

Q:私は目を閉じると、しなければならないことや、解決しなければならない問題について考えて、頭の中がいっぱいになってしまいます。このような考えをやめることはできないのですが、私でも超越瞑想をうまく実践することはできるのでしょうか?

クラーグ博士:問題ありません。なぜなら、TM(超越瞑想)は、活動的であろうとする心の自然な傾向に逆らわないからです。TMをすると、私たちの心は、より洗練された、つまり落ち着いた活動のレベルへと導かれ、その結果、生理にとても深い休息が与えられます。それは気楽で自然なプロセスです。

研究結果によると、こうした安らぎに満ちた鋭敏さを毎日体験している人々は、自然に、活動しているときの心の落ち着き、明瞭さ、集中力が高まっているのを感じるようになります。

ジェームズ・クラーグ(M.D.)は、米国精神医学会の会員、ヴァージニア精神科医会の会長であり、また、ヴァージニア地域精神科医協会の会長を4年間務めていました。現在は、精神疾患の若者を対象とした宿泊治療プログラム「リバティ・ポイント」の医療ディレクターをしています。

3. 医師が質問に答える青年期のうつ病

超越瞑想と青少年のうつ病について医師が質問に答える

Q:私の十代の息子は、抑うつを伴う衰弱性疾患になっています。超越瞑想は役に立つでしょうか?

スティクスラッド博士 :うつ病に遺伝的要素があるのは周知のことですが、遺伝がうつ病に与えている影響は、自閉症やADHDなどの他の疾患に与えている影響に比べて、ずっと少ないのです。

遺伝がうつ病に関与する割合は35〜50パーセントくらいです。ですから、その関与の大部分は遺伝によるものではありません。うつ病に大きく関与しているのはその人の経験です。そしてその第一の犯人はストレスです。

専門家は、うつ病とはストレス調節障害の疾患であると説明します。つまり、身体のストレス反応(闘争・逃避反応)をうまく調節できない状態になるということです。

危険な存在を信号で報せる脳の部分が活動過多になって、過剰反応を起こします。そのため、子供が抑うつ状態になるまでの長い間に、彼らはストレスを受けていると感じ、しばしば不安を感じ、そして、世界を現実以上に恐ろしいものだと感じます。そして、やがてはそのストレス反応が疲れ果て、適切な機能を停止してしまいます。その結果、本来は子供を守るはずのメカニズムが、現実には子供を痛めつけるように働くのです。

Q:子供のうつ病を予防することが非常に重要だということですね?

スティクスラッド博士:子供と若者のメンタルヘルスに関する世界的な専門家のひとりは、『この国の政治が最優先にすべきことは、子供と若者の精神的健康の問題の予防であるべきだ』と言っています。

私たちは、子供と若者の精神的健康の問題を予防することによって、大人の精神的健康の問題の大部分を予防できるでしょう。これらの問題に対して、私たちは、人間の苦悩という面でも、医療費の面でも、莫大な犠牲を払っているのです。

うつ病の予防とは、ひとつには、子供たちが安らぎを感じ、ストレス反応を起こさなくてもよい環境を創造することであり、そしてまた、子供たちが彼らのストレス反応を正常化できるように支援することです。当然、私はストレスフリー・スクールの運動に大いに賛同しています。その運動は、子供たちが安らぎを感じられる環境作りに重点を置いているからです。

うつ病の予防の第二の要素は、存在しない危険や大げさに誇張した危険を自分自身に警告する過剰なストレス反応が絶えず発動されることのないよう、自分自身のストレスのシステムを正常化する方法を子供や若者に教えることです。そしてもちろん、超越瞑想はそのための役に立ちます。

その目的に貢献できる方法はたくさんあるかもしれませんが、私は、超越瞑想は子供と若者のうつ病予防に大きな役割を果たし得ると考えています。なぜなら、超越瞑想は、家庭や学校で子供たちが安らぎを感じられる環境作りにとても効果があるからです。

そして、子供たちは超越瞑想を通して自分のストレス反応を正常化するすべを身につけるので、ストレスのシステムが過剰に働いてどんな脅威にも大げさに反応することはなくなります。

Q:超越瞑想は、あなたが自分の患者に推奨しているものですか?

スティクスラッド博士 :そうです。そうしているのは私だけに限りません。子供の脳の発達と精神的健康の問題に関する一流の専門家が、うつ病の薬をやめたがっていた私の患者のひとりに、こんなふうにアドバイスしたことがありました。

『次の三つのことをするのなら、私は薬をやめることを承認します。つまり、規則的な生活をすること、十分な睡眠をとること、そして瞑想を学ぶことです』

彼が働いていた国立衛生研究所の部署では、研究者たちがストレスとうつ病の関係を研究してので、彼はそのように言ったのです。彼は、うつ病になるとストレスホルモンのバランスがくずれることを知っていました。それはストレス反応を正常化することによって防ぐことができます。

超越瞑想を毎日2回実践すれば、若い人々が規則正しさ、スケジュールに従った生活、一定の日課を日常生活に取り入れるための助けになります。その結果として神経系の働きが改善されます。

Q:うつ病は子供たちの間に広がっているのですか?

スティクスラッド博士:そうです。そして、うつ病に関して実に厄介なことは、それが若い人々の中に多いということです。完全な同意は得られていませんが、この分野の多くの専門家は、うつ病は伝染すると考えています。

事実上、うつ病の発症時期が非常に低年齢化しているのはだれもが認めています。一世代か二世代前は、うつ病の平均発症年齢は34〜35歳だったのに、今では14歳になっているのです。

研究者によれば、うつ病は脳に損傷を与え、そのため、十代の若者がうつ病の治療を受けて完治した場合でも、彼らは以前よりも悲観的になっています。

彼らは以前よりも眠れなくなるので、うつ病が再発するおそれがあります。ですから、うつ病を発症するたびに、その人はうつ病を抱えて一生を過ごす可能性が高くなるのです。青少年の精神健康的な問題の予防を最優先にすべきであると専門家が言っているのは、そういう理由です。

Q:若い人々にかかるプレッシャーは以前よりも大きくなっているように思います。

スティクスラッド博士:私は、あるADHDの少年に、彼が10歳のときに会いました。彼は非常に活動過多でしたが、感情を抑えきれず、楽しげで、きわめてユーモアがあり、すこぶる利口で、そしてこの上なく感じのいい少年でした。

私は彼が16歳のときに再会しましたが、彼は抗うつ剤を服用していました。私が「ゾロフト(抗うつ剤)の効き目はどうですか?」と尋ねると、彼はこう答えました。
「かつては皆が僕のことをテフロン・キッドと呼んでいました。僕が幼かったときには、すべてのものが僕の背中から転がり落ちるみたいだったからです。僕はいつでもいい気分でした。でも、それから高校に入ると、僕はあまり眠れなくなりました。僕は絶対にデューク大学に行きたいと思いました。だから毎晩午前一時まで起きて、学校とするのと同じくらいの勉強をしようと努力し始めました。そして僕は疲れ果てました。僕はすっかり憂うつになりました。」

私は、このようなことは何度でも繰り返して起こると思います。女の子の場合は特にそうです。思春期になると、女の子は男の子よりもうつ病になるリスクがずっと高くなるからです。私は私立の女子学校でコンサルティングをすることが多いのですが、その多くは、学業面でとても要求の高い学校です。私はコンサルティングのときに、以上のようなことを理解してもらうように努めています。

私たちは、十代の若者が長い間に疲れすぎ、ストレスを受けすぎて、うつ病になってしまうのを防ぎたいのです。たとえば、ハーバード大学では、新聞の調査に回答した学生の80パーセントが、昨年の間に憂うつを感じたことがあると答えました。

Q:では、超越瞑想は、このような子供たちをストレスから解放することができるのですか?

スティクスラッド博士:子供たちに超越瞑想プログラムの実践を教えることは、おそらく間違いなく、私たちが彼らのためにできる最善のことだと思います。

私がそう言うのは、子供たちが超越瞑想を実践すれば、比較的ストレスの少ない環境が作られ、彼ら自身のストレス反応が正常になり、彼らの日常生活に秩序と規則正しさが生まれ、そして、深いレベルの幸福感、創造性、活力を体験するようになると思うからです。

ウィリアム・スティクスラッド(Ph.D.)は、臨床心理学者で、学習障害、注意障害、社会情緒的障害を専門とするグループ診療所、ウィリアム・スティクスラッド&アソシエーツ(メリーランド州シルバースプリング)のディレクターです。また、ワシントンDCの全国児童医療センターで非常勤スタッフを務めています。

4. 科学的調査

政府機関職員の抑うつの長期的減少

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal 10: 341–350,1997

政府機関職員を対象とした長期にわたる測定の結果、超越瞑想を学んだ職員は、ストレス管理の教育プログラムに参加した対照の職員と比較して、3年後の測定でも継続的に抑うつの有意な減少を示しました。 

警備が厳重な政府プロジェクトに従事する職員の抑うつの減少

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal 10: 341–350,1997

警備が厳重な政府機関に勤務して高いストレスにさらされている職員のうち、超越瞑想を学んだ職員は、ストレス管理の教育プログラムに参加した対照グループの職員と比較して、抑うつの減少を示しました。

抑うつの減少

Journal of Counseling and Development 64: 212–215, 1985

心的外傷後ストレス障害の患者のうち、超越瞑想を学んだ患者は、無作為に振り分けられて心理療法を受けた患者と比較して、4カ月後に抑うつの有意な減少を示しました。

ドイツ人学生の抑うつの減少

ドイツ人学生99人が、TMグループ、自律訓練法(AT)グループ、対照グループの3つのグループに振り分けられ、学生たちはTMの指導が行われる前およびそれ以後に検査を受けた。7~8週間後、TMグループは抑うつの有意な減少(p<.01)を示しましたが、それに対してATグループでは変化が見られず、対照グループでは抑うつがやや増大しました。

16週間後、TMグループは他の2つのグループと比較して抑うつの累積的な減少がいっそう顕著になりました(p<.01)。他にも、不安(p<.0005)、情緒の安定(p<.05)、怖れ(p<.005)といった症状に改善が見られました。
[Scientific Research on TM, Collected Papers vol 3, 273, pp. 2049-2053]

イタリアのTM実習者の抑うつと不眠症の減少

TMの規則的な実習を2年以上続けている瞑想者107人を被験者とした研究で、TMグループは対照グループと比較して、抑うつおよび不眠症の症状の有意な緩和を示した(抑うつ:p<.001、不眠症:p<.05)。
[Scientific Research on TM, Collected Papers: Vol 3, 239 pp.1830-1845]

インド人の患者の抑うつの減少

定期的な治療を受けても効果のない症状をもつインド人の患者75人(33種類の症状)が超越瞑想の指導を受け、そのうち67人は規則的な実習を続けた。長期的には、67人のうち61人の患者が、症状の大幅な改善あるいは症状の完全な消失という好結果を示し、中でも24人の患者は非常に早期の、劇的な、あるいは予想外の完全治癒というさらに顕著な結果を示した。
うつ病の患者5人は全員が特に顕著な好結果を示し、そのうち4人は短期間で、1人はそれより少し長い期間で効果が現れた。
[Scientific Research on TM: Collected Papers vol 3, 239, pp. 1826-1829]