衝動的な行動

TMによる衝動的な行動の効果

超越すること──衝動的な行動をうまく抑制する

ストレスにさらされると、脳の前頭前野は機能を停止し、行動は自動的に衝動的になります

脳機能に関する最新の発見により、ストレスがどのようにして脳の正常な機能を妨げ、衝動的な行動を引き起こしているのかが明らかになりました。

目の真上に位置する脳の部分、すなわち前頭前野は、私たちの「高度な思考」──長期的な計画、衝動の抑制、物事の善悪の判断など──に関与しています。

ほとんどの決定は脳のこの部分で行われているので、この部分は、脳のCEO「最高責任者」と呼ばれています。前頭前野は、人間を動物と区別している側面の一つであるといえます。

脳の正常な機能

脳が正常に機能している場合:情報は感覚器官を通って脳に入り、前頭前野に送られて処理されます。そこで行われた決定はすべて運動系に送られて、筋肉等の器官を反応させます。

ストレスにさらされているときの脳の機能

ストレスにさらされている場合、この情報の流れが変化します。情報はもはや前頭前野へと送られることなく、感覚器官から直接、運動器官に送られます。そのように脳が作られている理由は、私たちの生存のためであるといえます。

例えば、道路を横断中に自動車が突然近づいてきた場合に、私たちは、どう反応すべきかじっくりと考えるのではなく、即座に、衝動的に、飛び退かなければなりません。考えている時間はないからです。ストレスにさらされているときに前頭前野の機能が停止する仕組みは、私たちの身を守るためにあるのです。

しかし、この仕組みは、慢性的なストレスにさらされる状況にはうまく適応しません。人々が継続的にストレスにさらされている場合、前頭前野はますます機能しなくなっていきます。

その結果として、思考は短絡的になり、行動は衝動的になります。そのような人は、人間というより動物のような行動をとるようになるのです。自分の行動が長期的にもたらす結果を考えたり、判断することができなくなってしまうのです。

超越によって脳の前部が活性化する

超越はストレスと正反対の影響をもたらします。つまり、前頭前野の活動を高めるのです。

超越しているとき、私たちの身体は深く休息した状態になり、根深い緊張が取り除かれ、脳の前部の働きがより活発になります。
この状態は、脳の血流を測る神経画像スキャンによって計測することが可能です。その結果、超越しているときは、体の機能と関連した視床の活動が減少する(リラックスした状態になる)と同時に、前頭前野の活動が増大することが確認されました。

このような脳内の変化は、TM中の超越の体験に特有のものであることが分かっています。他の瞑想法やリラクセーション法で体験される通常のリラックスした状態では、このような変化がTMと同じ程度に現れることはありません。

超越の体験中、脳の前部が活性化するだけでなく、ストレスにより中断していた脳の他の部分との協調が回復します。この状態は、脳波の同調の度合いを調べることで計測できます。
(詳細は「TMによる知能の効果」をご覧ください)

超越を規則的に体験することで、脳の機能が再構築されて、衝動的な行動が少なくなります。それによって、自然に、自分の行動が長期的にもたらす結果を予測できるようになり、それに応じた行動をとれるようになるのです。

科学的調査

身体的な攻撃性の減少

Criminal Justice and Behavior 5: 3–20, 1978

超越瞑想を学んだ厳重警備の刑務所の受刑者は、対照グループの受刑者と比較して、攻撃性向が減少したことが分かりました。 

刑務所の受刑者の攻撃性の減少

Journal of Offender Rehabilitation 36: 127–160, 2003

超越瞑想を学んだ厳重警備の刑務所の受刑者は、対照グループの受刑者と比較して、攻撃性が減少したことが分かりました。

産業労働者の衝動性の減少

Japanese Journal of Industrial Health 32: 656, 1990

日本の産業医学総合研究所が住友重機械工業株式会社で行った研究では、超越瞑想の指導を受けた427人の従業員のグループは、308人の対照グループと比較して、衝動性が減少したことが分かりました。

ADHDの生徒の実行機能(教師による行動査定の得点)の向上

Current Issues in Education 10(2), 2008. [オンライン版]

注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されている学校の生徒が超越瞑想を学び、3カ月後に教師が査定を行った結果、実行機能に関するいくつかの尺度で改善が見られ、認知能力と自制心が向上していることが分かりました。