PTSD(トラウマ)

1. TMによるPTSDの効果

超越すること──トラウマ性のストレスから解放される驚くべき実例

TMを8週間続けた結果、PTSDの症状が50%減少 

体には驚くほどの自己治癒力があり、体が適切な状態に保たれていれば、こうした能力が発揮されます。
(詳しくは「超越すること──体の治癒力を目覚めさせる」を参照してください)

それが最も顕著に現れるのは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療にTMが利用されたときです。

心的外傷後ストレス障害は、一般に治療が難しいと考えられています。なぜなら、そうした深刻なストレスは、ほとんどの治療法が扱うことのできない精神の深いところに根差しているからです。

ところがTMを数週間行うと、これらのストレスは大幅に軽減することが研究によって確かめられました。 他のTMの効果と同様に、PTSDに対する効果は超越の体験に特有のものであり、通常のリラクセーション法では、同じような効果は見られません。

このことは、6件の質の高い無作為化対照研究を分析することで確認されました。この分析では、TMに関する3件の研究の有効性(効果量)をマインドフルネスの効果と比較した結果、両者の効果には大きな差があることが分かりました。

以下はデヴィッド・リンチ財団が制作した動画です。超越瞑想を最も必要とする人々にとって、TMの実習がどれほど役に立つかを紹介しています。

科学的研究

1.超越瞑想と心理療法との比較(ブルックス、1985年)

米国デンバーのコロラド大学医療センターで行われた研究では、心的外傷性ストレスの治療を受けているベトナム戦争の帰還兵に対するTMの効果と、最も一般的な心理療法との比較を行いました。PTSD、うつ病、不眠症、不安症、情緒の安定、家庭内トラウマ、アルコール依存症など、いくつかの症状が研究の対象となりました。

 抑うつ p<.001*
   –
 心的外傷後ストレス障害 p<.001
   – 不安症 p<.001
   – 感情の麻痺 p<.005
   – アルコール依存症 p<.01
   – 不眠症 p<.001
   – 家庭内トラウマ p<.01

    (*P値については 「p値とは?」を参照してください)

3カ月後、TMを学んだグループは、対象となったすべての症状(心的外傷後ストレス障害、抑うつ、不安症、感情の麻痺、アルコール依存症、不眠症、家庭内トラウマ)で有意な改善を示しました。著しい改善があったので、3カ月後、患者の70%はそれ以上の治療が不要になり、帰宅を許されました。心理療法を受けたグループは、どの症状にも有意な改善は見られませんでした。

2.イラクからの帰還兵を被験者とした研究(ローゼンタール、2011年)

2011年に行われた研究は、さらに良好な結果を示しています。重症のPTSDを患うイラク帰還兵のグループが超越瞑想の実験に参加し、わずか8週間後にPTSDの症状が50%軽減するとともに、抑うつが有意に減少し、生活の質の指標が改善しました。[Military Medicine (juni 2011)]

これは小規模の予備的研究でしたが、専門誌『ミリタリー・メディスン』(2011年6月号)で発表され、CNNなどいくつかのメディアで報道されました。
(詳しくは、CNNの動画をご覧ください)

こうした研究の結果、アメリカ国防総省が250万ドルの助成金を交付して、被験者数を大幅に拡大した大規模な研究を行うことになりました。
また、米国で最も歴史の古い士官学校であるノーウィッチ大学では、訓練の標準課程としてTMを導入しています。

戦争からの帰還兵のように、重度のトラウマ性ストレスを抱える患者の治療に超越瞑想が有効であるとしたら、ストレスを抱えた一般の人々の治療にも超越瞑想は有効であると考えることができるでしょう。

次のビデオでは、こうした研究の被験者の一人を紹介しています。ビデオの中で、その兵士の母親が、TMによって息子の命が救われたと語っています。

3.アフリカ難民のPTSDの緩和(リース、2013年) 

2013年4月、『Journal of Traumatic Stress』誌に、さらに注目に値する研究が発表されました。その研究では、戦争中にレイプやその他の暴力を受けて、重度のPTSDの症状を抱えるコンゴ難民が、TMを始めて30日後には、PTSDの症状がすっかりなくなったことが確認されました。この改善は、4カ月半後も安定した状態で維持されています。(対照グループは改善を示しませんでした。

2. 医師が質問に答えるストレスとTM

超越瞑想とストレスについて医師が質問に答える

Q:私は、他の人が気にしないようなことでも、ひどくストレスを受けてしまいます。たとえば、たくさんの人の前で話したり、何かの期限が迫っているようなときです。そんなとき超越瞑想は役に立ちますか?

グロスワルド博士:ストレスを計測する標準的な尺度はありません。「ストレスになる」と本人が思っていれば、それはその人にとってストレスになります。それが他のだれかにとってストレスになるかならないかは関係ありません。
そして、ストレスの受けやすさは、その人の生理に大いに左右されます。超越瞑想を規則的に実践すると、ストレスへの抵抗力が高まって、ストレスを受けにくくなります。それはストレスに対するワクチンのようなものです。

Q:そのような効果を示している研究はありますか?

グロスワルド博士 :研究の結果、超越瞑想プログラムはストレス、不安、抑鬱、そして心的外傷後ストレス障害の症状さえも軽減させることがわかっています。超越瞑想は、もっとも低いレベルのストレスからもっとも高いレベルの心的外傷後ストレス障害まで、その全範囲にわたって効果があることが科学的に確認されています。

Q:睡眠不足からくるストレスについてはどうでしょう? 私は夜ぐっすり眠れることがほとんどありません。そういう場合にも超越瞑想は役に立ちますか?

グロスワルド博士:それはとてもよい質問です。研究調査によれば、アメリカ人は世界でもっとも睡眠不足の国民だといわれていますが、不眠によるストレスは長い間に蓄積していきます。

そうなると、たまには普通に眠れるときがあったとしても、日常生活で毎日受けるプレッシャーのために蓄積しているストレスは、睡眠では解消できません。睡眠で解消できるのはその日の疲れだけです。
そうして疲労とストレスはたまり続けます。休暇をとったとしても、いったん普段のライフスタイルに戻れば、リラックスした状態はそう長くは続きません。そのため、だれもが、日常生活で蓄積した疲労とストレスを解消する方法を求めています。蓄積した疲労とストレスは、睡眠不足によっていっそう悪化します。

超越瞑想を規則的に実践すると、これまでに蓄積したストレスをすぐに取り除くことができます。研究の結果、超越瞑想を規則的に実践すれば、心理面の幸福も含めて、健康が改善されることがわかっています。研究者の推定では、病気の7割から9割はストレスに関連しています。ですから、あなたがストレスを解消する方法を持っていれば、あなたの健康全般、そして生活のすべての側面が改善されるわけです。

Q:ある種のストレスは望ましいものではないでしょうか? 
期限のある仕事のように、ストレスがあるからこそ仕事をやり遂げることができるという場合もあるように思います。

グロスワルド博士:期限があるために物事をやり遂げようとする意欲が増すことも、時にはあるでしょう。ですが、ストレスがあれば人々の能力が高まるというのはまったくの思い違いです。
事実、プレッシャーのかかる状況で高い能力を発揮する人々は、そのような状況がストレスになるとは思っていないのです。言い換えれば、そのような人々にとってプレッシャーは単なる刺激でしかありません。プレッシャーがストレスになっているとしたら、彼らの能力もその影響を受けているでしょう。

それについて考えてみましょう。あなたがもっとも失敗を犯しやすいのはどういうときでしょうか? 疲れているとき、ストレスを受けているとき、とても慌てて何かをしているとき、などですね。創造性は、心が明晰で、落ち着いて、安らいでいる状態から生まれるのです。

たまにストレスを受けることがあっても特に問題ありません。しかし、慢性的なストレスはあなたを消耗させます。そして、あなたが本当にストレスを受けていると、創造性や能力が最大限に発揮されることはまずありません。なぜなら私たちは、極度のストレスの下では、前頭前野(推論や分析を司る脳の領域)の機能を停止させるという、生存のための自然のメカニズムが働くからです。

「脳の機能を停止させる」ということは、すべてのエネルギーを筋肉に振り向けるということであり、それが「攻撃・逃避」反応と呼ばれているものです。あなたがクマに追われているようなときに、このメカニズムが働き出しますが、それは日常生活を送るためのものではありません。日常生活のなかでそれが作動すると、まったく非生産的な状況に陥ってしまいます。状況によっては、プレッシャーがあることで大きな力を発揮する場合もあるでしょうが、誰もそのような日常生活を送りたいとは思わないでしょう。

それよりも、前頭前野、そして脳全体を働かせたいと誰もが思うでしょう。そうすれば、計画を立て、準備をし、戦略を練ることができるし、可能なかぎり生産的、効果的、創造的になることができるのです。超越瞑想によって前頭前野と脳の他の領域との間のコミュニケーションが高まります。超越瞑想は脳の機能を拡大しますが、ストレスはそれとは全く逆の影響をもたらします。

Q:私は年に少なくとも1回は休暇をとります。そうすると、しばらくはストレスがなくなりますが、仕事に戻るとすぐにプレッシャーが増していくのを感じます。

グロスワルド博士:休暇をとれば、しばらくの間ストレスを取り除くことには役立ちますが、蓄積したストレスを本当に取り除くことはできません。休暇は一時しのぎにすぎないのです。
私たちに必要なことは、日常的に感じるストレスを軽減して、人生の楽しさがストレスのために妨げられないようにすることです。研究の結果、超越瞑想プログラムは蓄積した心身のストレスを解消し、ストレスへの抵抗力を自然に高めるのに役立つことがわかっています。

Q:病気の90パーセントはストレスが原因だと言われています。ストレスの結果として、身体にはどのような変化が起こっているのですか?

レクター博士:たとえば、ホルモンが免疫系を調節していることは理解されています。免疫系は、あなたを感染症から守っているだけでなく、癌から守っています。免疫系の機能不全は、心臓病の一因になることがあります。たとえば、炎症性疾患への免疫反応が慢性的に低下し、冠状動脈にプラークが形成される場合などです。これは、言ってみれば、過度の熱のために動脈に腐食が起こったようなものです。

免疫系が絶えず様々な要求や脅威にさらされて、ストレスが高まると、免疫系は徐々に錯乱、混乱した状態になり、守ろうとしていた系との関係が悪くなります。善良な警官が悪者になってしまうように、免疫系は、身体を脅威から守るために油断なく警戒する能力を失い、次第に、自分自身の身体を攻撃するようにもなります。その攻撃は最初はそれほどではなくても、最終的には甚だしい程度にまで至る可能性があります。その結果、自己免疫疾患を発症するのです。

Q:ではもっと肯定的な面から質問しますが、超越瞑想によってストレスが減少すると、ホルモン値のバランスがとれるようになりますか?

レクター博士:はい。超越瞑想を実践した結果、身体にかかるストレスが少なくなると、ホルモン値も、ストレスが減少する方向に変化していきます。超越瞑想の実践は、ストレスに対する強力な解毒剤となって、調和、統合、バランスを回復させます。このような治癒のメカニズムが人間の複雑な生理のすべてのレベルで働きます。それについて考えなくても、身体全体が総合的に再統合され、バランスが保たれるのです。

こうしたことが生理の静寂な源において起こります。ですから、超越瞑想は、他のいかなるストレス管理技法でも得られないあるいは予想できない形で、生理全体を治癒し、再統合します。これは驚くべき主張です。しかし、それは、40年間にわたる世界中で行われた科学的研究によって支持され、十分に正しさが証明されています。

サリナ・グロスワルド(Ed.D.)は、認知学習の分野の専門家であり、最近では、言語性学習障害児に対する超越瞑想プログラムの効果に関する先駆的な研究を指揮してきました。グロスワルド博士の研究は、PBSやABSニュースなど全米のマスコミで取り上げられています。

スティーブン・レクター(M.D.)は、過去18年間にわたり緊急医療にたずさわってきました。彼は、米国緊急医療委員会の資格取得者です。

3. 科学的調査

PTSDの治癒

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレス患者のストレス障害の軽減

心的外傷性ストレスの治療を求める患者のうち、超越瞑想を学んだグループは、心理療法を受けたグループと比較して、ストレス障害の症状が有意に軽減したことが分かりました。

退役軍人のPTSDの治癒

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

超越瞑想による退役軍人の社会適応の改善:感情麻痺の緩和

心的外傷性ストレスを患う退役軍人のうち、超越瞑想を学んだグループは感情麻痺の有意な緩和を示し、それに対して、心理療法を受けたグループは有意な変化を示しませんでした。

心的外傷性ストレス患者のアルコール消費量の減少

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレスの治療法を求める患者のうち、超越瞑想を学んだグループは、心理療法を受けたグループと比較して、アルコール消費量が有意に減少したことが分かりました。

心的外傷性ストレス患者の家庭内問題の減少

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレスの治療を求める患者のうち、超越瞑想を学んだグループは、心理療法を受けたグループと比較して、家庭内問題の有意な減少を示しました。

心的外傷性ストレス患者の不安の減少

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレスの治療法を求める患者のうち、超越瞑想を学んだグループは、心理療法を受けたグループと比較して、不安感の有意な減少を示しました。(p<.005)