アルコール依存症

1. TMによるアルコール依存症の効果

超越すること──アルコール依存症の軽減

4000人を対象にした12件の調査の結論:超越すれば自然に飲酒量が減少する

アルコール依存症の患者の大半は、ごく普通の人たちです。彼らはお酒を飲むと気分がよくなるので、それに依存するようになります。一般にアルコールへの依存は心と体に深く根ざしているために、多くの場合、表面的な治療法ではあまり効果が得られません。

アルコールが欲しくなるのは、結局はストレスが原因です。そして、ストレスが生じるのは、自分に課された要求に対処できないときです。うまく対処できないと不安を感じ、自分なりのやり方でその不安を軽くしようとします。

例えば、お酒、タバコ、食べ物、薬物、コーヒーをとったり、テレビを見て気をまぎらわそうとします。しかし、こうした方法で生活のストレスを減らそうとするのは、近視眼的で不適応な試みです。なぜなら、それらの方法は、物事に対処する能力を少しも高めることはなく、実際には、その人の適応力や能率を低下させていくからです。

その結果、さらに物事に対処できなくなり、ますますお酒・タバコ・食べ物などでストレスをまぎらわそうとします。そのために、対処能力がいっそう低下して、さらにまた自分流のやり方にしがみつくという、ストレスの悪循環に陥ってしまうのです。

超越するとき、人々はこのようなストレスの悪循環を断ち切ることができます。TMによって深い休息が得られるとき、根深いストレスが取り除かれ、同時に心は大きな満足を体験します。その結果として、ストレスをまぎらわすために、お酒、タバコ、コーヒー、食べ物、テレビ、薬物に頼る必要がなくなってくるのです。お酒を飲みたいという欲求が自然に消えていき、禁酒しようとする努力さえ必要なくなるのです。

4000人を対象にした科学的研究の結論:TMには効果がある!

過去40年間に、計4000人を対象にした14件の科学的な調査が行われ、アルコール依存症に対する超越瞑想の効果が確認されました。
これら14件の調査から得られたTMの効果の平均値を、他の83件の調査から得られたTM以外の方法の効果の平均値と比較すると、もっと信頼性の高い結論が得られます。

TMには他の方法の2倍から10倍の効果がありました。
特に、重症の患者には大きな効果が見られました。

Alcoholism Treatment Quarterly 11: 13–87, 1994

そうした比較分析の結果、アルコール消費量に対するTMの効果は、これまでに調査された他の方法の2倍から4倍も大きいことが確認されました(p=.009)。
重症の患者に対する超越瞑想の効果を見ると、その効果はいっそう大きく、他の方法の10倍近いことが分かります。ここでも、超越の体験は問題が深刻なほど効果が顕著に現れるという一般的な傾向が見られます。

TMを長く続けている人ほど、お酒を飲みたいという欲求が少なくなります

タバコやドラッグの依存症の場合と同じように、アルコール依存症の調査でも、TMを長く続けるほどアルコールに対する欲求が少なくなるということが確認されました。

Drug abuse: Proceedings of the International Conference, Philadelphia: 1972, pp. 369-376.

このことは、ハーバード大学の研究者たちが1,862人のTM実践者を対象にして行った大規模な調査によって明らかになりました。
ウィスキーやブランデーなど度数の高いお酒を飲む人たちの人数は、10カ月後には半分になりました。もっと詳しく見ると、飲酒量の少ない人たちの人数は30%減少し、飲酒量の多い人たちの人数はほぼ80%減少しました。

アルコール依存症に対するTMの効果は、それを最も必要としている人に最も大きく現れています。

注意:注意:この調査では、被験者たちが飲酒量を減らそうとしてTMを始めたのではありません。研究者たちは、1,800人の人たちが一定の期間TMを続けたときの自然な変化を調査しました。もし、被験者たちが飲酒を止めるためにTMを学んだのであれば、もっと大きな効果が得られたでしょう。

TMを長く続けるほど効果が大きくなりますが、そうした事実は他の方法とは対照的です。
これまでの調査によると、TM以外の方法で飲酒をやめた人たちの35%が1カ月後にはまた飲酒を再開しています(禁酒者は1カ月で100%から65%に減少)。
また、3カ月後には、ほぼ60%の人が飲酒者に逆戻りしています(禁酒者42%)。このことから、表面的なレベルでアルコール依存症を治療することは非常に困難であることが分かります。

他にもTMの効果を示す研究結果がありますので、「科学的調査」のページをご覧ください。
たいへん興味深いことですが、いくつかの研究では、飲酒量の減少を調べることが調査の目的ではなかったのですが、うつや不安などが減少したために、その副次的効果として飲酒量が減少するという現象が起こりました。

アルコール依存症に対するTMの効果の詳細については、次の「医師たちが質問に答える:アルコール依存症とTM」をご覧ください。

2. 医師が質問に答える:アルコール依存症とTM

超越瞑想とアルコール依存について医師が質問に答える

Q:アルコール依存はストレスが原因なのですか?

スティクスラッド博士:人々がお酒を飲む理由のひとつはストレスの発散ですが、飲酒には常習性があります。おそらくはそのおかげで、超越瞑想が常習行為の予防と治療にきわめて効果的であることを示すたくさんの有力な証拠があるのでしょう。

ストレスによって若者はドラッグやアルコールに溺れやすくなりますが、ストレスホルモンがアルコールやドラッグと相互作用するため、それらは彼らにとってさらに効果的で満足をもたらすものになるようです。

つまり、あなたがストレスを受けていると、あなたはお酒を飲んだり非処方薬を使うことが多くなり、そして、あなたが摂取する化学物質とストレスホルモンとが相互作用するために、あなたは中毒性物質を本当に楽しむ傾向が強くなるということです。それは恐ろしいダブルパンチです。

Q:では、どうしたら私の子供たちを薬物やアルコールの乱用から守ることができますか?

スティクスラッド博士:薬物やアルコールの問題を予防するための、すべての人に有効な方法はおそらくありませんが、子供たちに超越瞑想の実践を教えることは役に立つと思います。
ティーンエイジャーは超越瞑想プログラムを実践することによって、ストレスを解消できるようになり、内面の平和や内側の幸福を見いだせるようになります。

これは、若者を含めた世界中の瞑想者の共通の体験です。心が落ち着いているときの平和に満ちた感じは、とても楽しく、とても心地よいものです。成人の薬物依存の予防と治療に対する超越瞑想の効用については信頼できる研究がありますが、この研究が青少年については関係がないと考える理由は見あたりません。

Q:アルコールやドラッグの乱用がもたらす害は、若者の場合のほうが大きいと思われます。

スティクスラッド博士:そのとおりです。10年前、青年期の脳はまだ急成長の途上にあることが明らかになったとき、科学者たちはこう考えました。
「このことについて研究する必要がある。アルコールが胎児の脳の成長に甚大な影響を与えることはわかっているのだから、若者たちの脳の発達に対してアルコールはどんな影響を与えるのだろう?」

そして現在では、それは非常に懸念すべきだというのが大多数の意見です。アルコールが脳に与える有害な影響は、成人の場合よりも若者の場合のほうが、ずっと、ずっと大きいのです。
ですから私は、「だれでも酒を飲んでいるのだから、たいしたことではない」という考えから、「私たちは若者たちの脳をドラッグやアルコールの有害な影響から守らなければならない」という考えに180度転換することになると思っています。

そして超越瞑想はそのための手段のひとつになると私は考えます。
その第一の理由は、再度言いますが、超越瞑想によってストレス反応が正常に保たれるからです。
そして第二の理由は、多くの若者たちがドラッグやアルコールを使って得ようとしているものが、超越瞑想によって得られるからです。それは、心の内側で幸福感、安らぎ、自己満足を体験することと、ストレスを解消することです。

ウィリアム・スティクスラッド(Ph.D.)は、臨床心理学者で、学習障害、注意障害、社会情緒的障害を専門とするグループ診療所、ウィリアム・スティクスラッド&アソシエーツ(メリーランド州シルバースプリング)のディレクターです。また、ワシントンDCの全国児童医療センターで非常勤スタッフを務めています。

3. 科学的調査

管理職の行動面の健康度の向上

Dissertation Abstracts International 57(6): 4068B, 1996

医療機器の製造会社の管理職のグループが、超越瞑想プログラムを学んで3カ月後、同じ会社の対照グループと比較して、行動面の健康の度合いが向上しました。健康の度合いの向上は、規則的な運動・食事・睡眠の習慣およびアルコール消費量を尺度として測定されました。

アルコール依存症:超越瞑想とその他の方法との比較

Alcoholism Treatment Quarterly 11: 13–87, 1994

アルコール消費量の減少

標準的なアルコール依存症の治療法および予防プログラムに関する大規模な調査研究をメタ分析した結果、超越瞑想ではライフスタイルや生活習慣を変える指導は何も行っていないにもかかわらず、超越瞑想を学んだ人々はアルコール消費量に有意な減少が見られました。

アルコール依存症

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレス患者のアルコール消費量の減少

心的外傷性ストレスの治療法を求める患者のうち、超越瞑想を学んだグループは、心理療法を受けたグループと比較して、アルコール消費量が有意に減少したことが分かりました。

管理職と従業員のタバコおよびアルコール消費量の減少

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

米国の自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、タバコ消費量とアルコール消費量がより少ないことが分かりました。タバコおよびアルコール消費量の減少がこの研究の目的ではなかったのですが、副次的効果としてそれらの消費量が減少したことが注目されました。

4. 証言と動画

アルコール依存症:体験談と動画

ベルギーのTM実践者の体験談

私はこれまでずっと、むなしさを感じながら人生を生きてきました。思ったことを実現することができず、いつも小さなことを心配して、幾度も落ち込むことがありました。この空虚感をアルコールで満たそうとしましたが、その結果、自分はまったく価値のない人間だと感じるようになりました。

しかし超越瞑想のお陰で私の人生は変わりました。TMを始めて9カ月になりますが、一度もお酒を飲んでいませんし、気分のよい状態が続いています。人生の小さな出来事も大きな出来事も楽しんでいます。これまで決してできないと思っていたことが、できるようになりました。それは私にとって大きな喜びです。(ヘンドリック・ヴェルドニック、36歳、グラフィック・デザイナー)

動画:TMでアルコール依存症を克服する