ADHD

1. TMによるADHDの効果

超越すること──ADHDさえも改善する可能性がある

調査結果:超越することはADHDの改善に役立ちます

ADHDは多くの要因によって生じます。脳の前頭前野の正常な機能がストレスのために混乱して、その症状がADHDと診断されたり、もっと深い構造的な問題がある場合もあります。一般に、ADHDは脳への血流が不十分だったり、脳波の同調が異常に低いことと関連しています。

問題の原因が何であろうと、超越することはADHDの改善に役立ちます。なぜなら、超越することによって、前頭前野の働き、脳への血流、脳波の同調という三つの問題が同時に改善され、脳の本来の状態が回復するからです。次の調査結果をご覧ください。

驚くべき調査結果:3〜6カ月のTMでADHDの症状が大幅に減少した

2011年に行われた研究で、ADHDの子供たちに対するTMの効果が確認されました。これは小さな規模の予備的な調査でしたが、その結果がたいへん印象的であったので、多くの雑誌やニュースで取り上げられました。以下は、ADHDに対するTMの効果を紹介したニュース番組の一例です。

この研究では、重度のADHDの症状をもった11歳から14歳の子供たちを無作為に二つのグループに分けました。一つのグループはすぐにTMを学び、もう一つの対照グループは3カ月後にTMを学びました。

すぐにTMを学んだグループは3カ月TMを実践しただけで、ADHDの症状が大幅に減少しました。一方、対照グループは、TMを学ぶ前には特に改善は見られませんでしたが、3カ月後にTMを学んでからは、最初のグループと同様の改善が見られました。最初のグループは、3カ月後も症状の改善が続きました。

このグラフを見ると、このことがはっきりと分かります。これは子供たちの脳波のシータ波/ベータ波の割合の変化を6カ月間にわたって表したものです。
通常、ADHDの子供たちはこのシータ波/ベータ波の割合が非常に高いのですが、6カ月TMを実習した後では正常な値に近づいています。

それに伴って、子供たちの集中力、衝動を制御する能力、物事を組織する能力、問題を解決する能力に改善が見られました。他にも、学業成績が向上し、ストレスや不安が軽減し、怒りの爆発も減少しました。

TMはADHDの子供たちにも学べる簡単なテクニックです。子供たちはTMを楽しみながら実践しています

あるテクニックが効果的であると言えるのは、子供たちが実際にそのテクニックを行うことができるときです。
TMの場合、この点は全く問題ありません。なぜなら、子供たちは超越瞑想を楽しく行っているからです。「TMはどのくらい楽しいですか?」という質問を子供たちにして、0(まったく楽しくない)から7(とても楽しい)の間で答えてもらったところ、平均点は5.3でした。

この研究は、精神医学の研究雑誌「Mind & Brain」(2011, Vol 2, No 1) に発表されました。

ADHDの治療:超越することで実際に何が起こるのか?

超越することで体に備わる自然治癒力が働きだし(「超越すること—体の治癒力を目覚めさせる」参照 )、蓄積していた緊張や根深いストレスが解消され( 「PTSD」参照 )、脳の全潜在力がよみがえります(「TMによる知能の効果」参照 )。

ストレスがあると前頭前野が正常に機能しなくなり、衝動を制御するのが難しくなります

ストレスと前頭前野

前頭前野とは、目のすぐ上にある脳の部分です。この部分は、衝動の制御、長期的な計画、道徳的な判断、善悪の決定など、高次の思考機能を司っています。たいていの決定は脳のこの部分でなされているので、ここはよく「脳のCEO(最高責任者)」と呼ばれています。

脳の正常な機能

脳が正常に機能しているときには、すべての情報は感覚器官を通って脳に入り、前頭前野に送られて処理されます。そこで行われたすべての決定は運動系に送られて、筋肉などの器官を反応させます。

ストレスを受けている脳の機能

ストレスを受けているときには、この情報の流れが変わります。情報はもはや前頭前野に送られることなく、感覚器官から直接、運動器官へと送られます。

ストレスを受けたときに前頭前野が機能しなくなる仕組みは私たちを守るためにあります

脳がこのように設計されているのは、私たちの生存のためです。例えば、道路を横断しているときに、車が近づいてきたとしましょう。このような場合、私たちに必要なのは、考えてから反応するのではなく、とっさに飛び退くという反応です。どう反応すべきかじっくり考えている余裕はないからです。

このように、ストレスを受けたときに前頭前野が機能を停止する仕組みは、私たちの身を守るためにあるのです。

しかし、この仕組みは慢性的なストレスにはうまく対処できません。常にストレスにさらされている状況では、前頭前野は慢性的に機能しなくなり、思考が短絡的で衝動的になります。

多くのADHDの症状は、衝動を制御できないことに関係しています。したがって、これらの症状は本質的にストレスに関係していると言えます。

超越を体験すると、前頭前野が働き始めます

超越することで脳の前頭部がよみがえります

超越すると、体は深い休息の状態に入り、根深い緊張も取り除かれ、脳の前頭部の働きが活発になります。それは、脳の血流を調べる神経画像スキャンによって計測可能です。

超越しているときには、身体機能と関連している視床の活動は減少しますが(体がリラックスしている印)、それと同時に前頭前野の活動が増すのです。一般的に、ADHDの患者は脳の特定の領域への血流が非常に低いのですが、TMを実践すると、それらの血流が増大します。

TMを数週間続けると、瞑想をしていないときにも前頭前野が活発に機能するようになり、ADHDの子供たちは、以前よりも衝動的でなくなります。

脳波の同調

脳のある部分が活動しているときには、その部分に電気的な活動が起こります。
脳波計(EEG)を用いて、その電気的な活動を測定すると、それは時間とともに変化する波として表されます。

そうした脳の様々な部分で測定された脳波をコンピューターに送り、それぞれの波の同調の度合いを計算することができます。もし、脳波が完全に同調していれば、それは脳の異なる部分が互いにつながりあって、一つの全体として機能していることを意味します。

ADHD = 脳波の同調が非常に低い、超越 = 脳波の同調が増大する

ADHDの患者の場合、脳波の同調が非常に低いという特徴がありますが、それは脳が正常に機能していないことを示します。
この脳波の同調は、超越を体験しているときに高まることが次のビデオのなかで示されています。超越するとき、心は統一の状態を体験しますが、こうした体験によって、脳は一つの全体として正常に機能し始めるのです。

こうした脳波の変化は、TMテクニックで得られる超越の体験に特有のものです。他の瞑想法やリラクセーションのテクニックでは、このような高い同調は見られません。

高い脳波の同調を体験すればするほど、脳はこうした状態に慣れていきます。その結果、次の研究が示すように、TMを行っていないときにも脳波の同調が続くようになります。

Travis, F. and Arenander, A. International Journal of Neuroscience, 2006

このグラフは、12カ月にわたって50人の学生の脳波の同調(平均値)がどのように変化したのかを図示したものです。これを見ると、TM中の脳波の同調は、TMを初めて2カ月後も12カ月後も違いがないことがわかります。

このことから超越の体験(脳波の同調)は、練習して得られるものではなく、瞑想を始めて間もない人でも体験できるということがわかります。
しかし、TM中ではなく活動している最中の脳波の同調には差が見られます。活動中の脳波の同調は、実践を重ねるにしたがって次第に定着していきます。

これと同じことが、ADHDの研究でも観察されました。下の図では、互いに同調している脳の領域を線で結んでいます。
調査を始める前と、調査を終えた後に同調の度合いを測定しました。図のなかの直線は、3カ月ごとに測定した活動中の脳波の同調を表しています。

 Mind & Brain, The Journal of Psychiatry (2011, Vol 2, No 1)

その結果、対照グループの脳波にはほとんど変化が見られなかったのに対し、TMのグループの脳波にははっきりした同調の増加が見られました。
3カ月後にTMを始めた対照グループにおいても、その3カ月後にはやはり脳波の同調にはっきりした増加が見られました。

TMは楽しくできて、しかも効果的なADHDの治療法です。しかし、今行っている通常の治療法をすぐに止めることは決してしないでください。多くのADHDの患者は、TMを始めて少し経つと薬がそれほど必要ではなくなることに気付きます。しかし、薬を減らすときには、医師と相談しながら段階を追って徐々に減らすことが重要です。

ADHDに対するTMの効果についての専門的な質問は、次の「医師が質問に答える:ADHDとTM」をご覧ください。

2. 医師が質問に答える:ADHDと TM

超越瞑想とADHD(注意欠如・多動性障害)について医師が質問に答える

ADHDに対するTMの効果についての詳細は「TMによるADHDの効果」をご参照ください。

Q:私はADHDで、たとえ数分間でもじっと座っていることができません。私に超越瞑想が実践できるものでしょうか?

グロスワルド博士:それが超越瞑想の大きな利点です。それはとても簡単で、努力が要らず、実践しやすいものです。実際、それによって心が落ち着きます。心が落ち着けば、身体もごく自然に落ち着きます。その結果、あなたは、より静かに、簡単に、そして快適に座っていることができます。

超越瞑想を実践していると、そのような静かで落ち着いた感じが瞑想の後も持続するようになります。やがてあなたは、静けさと落ち着きが増していき、そわそわした気持ちが治まっていくのを感じるようになります。それが、落ち着けないことを訴える大人や子供を助けるために超越瞑想が推奨されている理由です。

クラーグ博士:ADHDの患者は注意力が変動します。ある状況では、彼らは集中することができず、別の状況では異常なほど集中することができます。ADHDの症状が著しい患者の場合でも、超越瞑想は簡単にできるだけでなく、治療法としてたいへんお勧めできます。超越瞑想によってこの病気が治るとあらかじめ断言することはできませんが、その症状が著しく減少するのは目撃してきました。

Q:子供たちもまた多くのストレスにさらされています。このことは、ADHDやその他の問題の一因になっているのでしょうか?

スティクスラッド博士:私の仕事は、学校の成績、行動上の問題、抑鬱や神経疾患に苦しんでいる子供たちを査定することです。
ストレスは、これらの問題すべてに大きな影響を与えています。私は、学習障害やADHD(注意欠陥・多動性障害)を抱える多くの子供たちを診ていますが、子供たちが学校で学習や活動をする能力がストレスのために著しく妨げられていることは間違いありません。

Q:子供たちの学校におけるストレス反応は、どのようなものですか?

スティクスラッド博士:ストレス反応は、攻撃・逃避反応とも呼ばれます。それは、私たちが天敵から身を守るために、おそらく何百万年にもわたって進化させてきた反応です。攻撃・逃避反応が引き起こされると、その人は明晰な思考ができなくなります。進化という観点からすれば、虎が近づいてきたときに「どのような行動をとるべきか?」とゆっくり考えていれば、食べられてしまって、子孫に遺伝子を伝えることができなくなるからです。
ですから、自然は私たちを保護するために、ストレスにさらされた状態では思考ができないようにしているのです。そのため、子供たちがストレスを受けているときには、考えたり、学んだり、授業を受けたり、教師に注意を向けたり、自らの行動を管理するのは、たいへん難しいことなのです。

脳研究が学習の分野に応用されて20年になりますが、その間に導き出された主要原則のうち最も一般的なものは、子供が学習するためには学校で安らぎを感じていなければならない、ということです。ストレスを受けている状態では学習することができないからです。

Q:このストレスを超越瞑想で軽減することができるのですか?

スティクスラッド博士:学習や注意力の問題を多少とも解決するために、超越瞑想はきわめて重要な役割を果たすと私は考えています。すでにある学校では、子供たちに学習、注意力、行動の問題を克服させるために、超越瞑想が目覚ましい役割を果たしています。

Q:私は子供の頃、ADHDになったのですが、今でも、どんな種類の作業にも集中できないという問題を抱えています。超越瞑想の実践は、私の集中力を改善するための役に立ちますか?

グロスワルド博士:はい、私たちの研究に基づいて言えば、それは役に立ちます。超越瞑想は大人にも子供にも有効です。習得も実践も簡単にできますし、意識や注意を集中する必要はありません。にもかかわらず、瞑想を終えたあとの集中力が高まります。

それは、瞑想をすることで脳の働きが高まるからです。あなたが目を閉じて瞑想している間に、注意力や集中力に関連する脳の接続が実際に増加します。その結果、あなたが目を開けて活動に従事するときには、前よりも集中力や注意力が改善されているのです。

ADHDの症状の多くは、実はストレスの結果です。ストレスが脳の前頭前野の働きを停止させてしまうので、集中することが難しくなるのです。ストレスを減らせば、注意力や集中力が高まり、それと同時に、落ち着いて行動する能力や、ストレスの多い状況でもゆとりや快適さを感じる能力が高まります。

子供たちを対象に私たちが行った研究では、超越瞑想プログラムを始めて3か月後に注意力が20パーセント向上するという結果が得られました。また、作業における記憶力や構成力も有意に改善し、さらに、行動、不安、ストレス、注意力、集中力の程度を示す心理学的な指標も有意な改善を示しました。

クラーグ博士:長年にわたってADHDの問題を抱えている人であれば、疲労や不安があるときよりも、安らいで落ち着いているときの方が、ADHDの症状が少なくなることを知っているでしょう。TM(超越瞑想)をすれば落ち着いて安定した状態が生みだされるので、TMがADHDの問題を軽減するために役立つのは明らかです。

Q:ADHDの本当に困ったところは、衝動を抑制できないということです。そういう子供は、いつも、衝動的に何かを口走って周囲の人々の話をさえぎり、そのために人々はイライラさせられます。そんな場合にも超越瞑想は役に立ちますか?

スティクスラッド博士:もちろんです。多くの研究者は、衝動を制御あるいは抑制できないことが、ADHD患者の第一の欠陥であると考えています。
私がよく診察しているADHD患者の一人に、背の高い子供がいます。彼は14〜15歳ですが、大声で話をします。彼が建物の中にいれば私はすぐに気づきます。彼が待合室で話しているとき、別の診察を受けていた女性が診察室から出てきて、「ここに来たら静かにしていなければいけないのよ」と注意しました。すると彼はこう言い返しました。「静かにできるくらいなら、僕はここに来ていないよ」。それはまったくそのとおりです。

超越瞑想を実践すると、神経系が落ち着き、静まっていきます。その結果ストレス反応が正常に働くようになり、衝動的な行動が少なくなります。超越瞑想によって心身が静まると、脳の電気的活動の統合性が増大します。脳の左右の半球の間、および前頭部と後頭部の間の脳波の同調が高まることからそれがわかります。
このプロセスを通して、子供たちの衝動を抑制する能力が大きく改善されます。その証拠に、子供たちはもめ事を起こしたり、思慮の欠けた行動をとることが少なくなり、注意散漫になる傾向をうまく抑えられるようになります。

Q:先生は、そうしたことを身近で体験しているようですね。

スティクスラッド博士:超越瞑想を実践するADHDの中学生を対象に行った予備的研究で、私たちは、瞑想を始めてから3か月後の生徒たちと面談しました。私たちはこう尋ねました。「数か月間瞑想した後、どんなことに気づきましたか?」

その子たちのほぼ全員が、「ストレスがずっと少なくなったのを感じるし、前よりリラックスしている気がする」というようなことを言いました。また、彼らのほとんどがこう言いました。「頭の中がきちんと整理されている感じがする。宿題がよく出来るようになったと思う。両親に助けてもらう必要がなくなった」

性格が著しく衝動的だった少年がこう言っていました。「瞑想を始める前は、廊下を歩いていて他の中学生が僕にぶつかれば、僕は振り返ってその子を殴っていました。3か月間、瞑想した今では、誰かが僕にぶつかったとしても、立ち止まってこう考えます。「こいつを殴ろうか、やめておこうか」

どうということはないと思われるかもしれませんが、衝動的な子供やティーンエイジャーを相手に仕事をしている私の経験からすれば、このように反応にワンクッション置くことは、とても難しいことなのです。その子供は、超越瞑想のおかげで刺激と反応の間に、ほんの少しの時間を置けるようになったので、それから考えたり、予定を立てたり、この状況でとるべき行動は何かと自問したりできるのです。それは、彼が瞑想を始める前には持っていなかった能力です。

スティクスラッド博士:ほとんどの研究者は、ADHDは複数の実行機能の障害であると考えています。「実行機能」とは、脳前部が司る諸機能、すなわち、目的のある行動を実行するために必要な精神的な統制や組織化の能力を指します。

例えば、何かをやり遂げなければならない場合、あなたは計画を立て、その計画の準備をし、関連する情報を記憶の中に保持する必要があります。そして、自己監視を行い、「進捗状況はどうか?」と自分自身に問いかける必要があります。

超越瞑想に関する数百もの研究は、これらの実行機能のすべてが超越瞑想によって改善されることを示しています。超越瞑想がこうした効果を生みだす理由は、瞑想によって脳機能の同調が高まるからであり、またストレスというすべてを悪化させる要因が減少するためです。

Q:瞑想の効果はすごいと思いますが、私は自分の子を集中力のある子供にしたいと思っています。あまり消極的な子供にはしたくはありません。

スティクスラッド博士:ときどき親御さんたちは、子供が瞑想をしてあまりにも落ち着いてしまったら、やる気までなくなってしまうのではないかと心配します。ですが実際には、それとは正反対のことがよく体験されています。

超越瞑想をすれば、ゆったりとくつろいだ状態になることは事実ですが、その一方でより活発な状態にもなります。瞑想には有益な効果がたくさんありますが、その効果は、脳の活性化と生理の深い休息という独特な組み合わせから生みだされています。瞑想している人々の共通の体験は、彼らがやる気をなくすのではなく、やる気を有効に発揮することが簡単にできるようになるということです。

そういう人々は、悩みや過度の不安でエネルギーを消耗したりはしません。彼らは上手に計画を立て、はっきりとした目標に向かっていけるようになります。子供たちが超越瞑想を規則的に実践している学校を見学すれば、その子供たちが驚くほど成功しているのがわかるでしょう。

そこの生徒たちは、学業でも、スポーツでも、芸術でも、すべてのことに並はずれた成果を上げています。ですから、超越瞑想をすると子供が消極的になり、やる気や興味を失うかもしれないという考えはまったくの見当違いです。それとはまったくの逆なのです。

Q:私には幼い子供たちがいて、そのうちの一人はADHDです。そんな私に瞑想ができるものでしょうか?

クラーグ博士:たしかに、あなたが瞑想をするためには何らかの助けが必要でしょう。ですが、超越瞑想プログラムは、瞑想すること自体(それはとても平和に満ちた楽しい状態、いわば20分間の休暇ではありますが)が目的ではなく、日々の活動の質を高めることを目的とした休息なのです。
あなたは、ADHDの子供をもつ親として、自分のもつすべての活力と明晰さを総動員しなければなりません。超越瞑想によってあなたは心を落ち着いた状態にすることができます。そうなれば、あなたの子供はあなたの言うことをよく聞くようになるでしょう。

ウィリアム・スティクスラッド(Ph.D.)は、臨床心理学者で、学習障害、注意障害、社会情緒的障害を専門とするグループ診療所、ウィリアム・スティクスラッド&アソシエーツ(メリーランド州シルバースプリング)のディレクターです。また、ワシントンDCの全国児童医療センターで非常勤スタッフを務めています。

サリナ・グロスワルド(Ed.D.)は、認知学習の分野の専門家であり、最近では、言語性学習障害児に対する超越瞑想プログラムの効果に関する先駆的な研究を指揮してきました。グロスワルド博士の研究は、PBSやABSニュースなど全米のマスコミで取り上げられています。

ジェームズ・クラーグ(M.D.)は、米国精神医学会の会員、ヴァージニア精神科医会の会長であり、また、ヴァージニア地域精神科医協会の会長を4年間務めていました。現在は、精神疾患の若者を対象とした宿泊治療プログラム「リバティ・ポイント」の医療ディレクターをしています。

3. 科学的調査

ADHDの症状の軽減

ADHDの症状のある11~14歳の生徒18人を対象とした予備的な無作為割当て研究で、超越瞑想が課題処理能力および脳機能にもたらす効果が調査されました。

生徒たちは、事前テストを受けた後、TMをただちに開始するグループとTMを遅れて開始する対照グループとに無作為に分けられ、3カ月後と6カ月後に事後テストを受けました。遅れて開始する生徒は3カ月後の事後テストを受けてからTMを学びました。

生徒がTMを3カ月実習した結果、脳波のシータ/ベータ比が有意に減少し、シータ波の同調度が有意に増大し、アルファ波とベータ波の同調度が増大傾向を示し、文字流暢性が向上しました。遅れてTMを開始したグループも同様に、TMの実習を3カ月行った後に受けた6カ月目の事後テストで、シータ/ベータ比の減少と文字流暢性の向上を示しました。

また、6カ月の研究期間中に生徒全員がADHDの5つの症状で有意な改善を示したことが、父兄による調査報告から分かりました。

ADHDの生徒の実行機能(課題の処理能力)の向上

Current Issues in Education 10(2), 2008. [オンライン版]

注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されている学校の生徒が超越瞑想を学び、3カ月後に、実行機能を要求される課題の処理能力の向上(表現注意力の向上、正確さの向上、カテゴリ化の流暢性の向上、およびカテゴリのスイッチングの柔軟性の向上)を示しました。

ADHDの生徒の実行機能(教師による行動査定の得点)の向上

Current Issues in Education 10(2), 2008. [オンライン版]

注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されている学校の生徒が超越瞑想を学び、3カ月後に教師が査定を行った結果、実行機能に関するいくつかの尺度で改善が見られ、認知能力と自制心が向上していることが分かりました。

ストレス、不安、ADHDの症状の軽減

Current Issues in Education 10(2), 2008. [オンライン版]

注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されている学校の生徒が超越瞑想を学び、3カ月後に教師による査定および生徒の自己評価を行った結果、ストレス、不安、およびADHDの症状が軽減していることが分かりました。
チャート上のp値は、「不安/抑うつ」、「引きこもり/落ち込み」、「感情の問題」、「不安の問題」、「注意力の問題」、「ADHDの問題」、「総合的な問題」の下位尺度を用いた多変量検査により測定された改善に対する値であり、チャートの棒グラフは、「総合的な問題」の下位尺度での変化を示しています。

4. ビデオと証言

ADHDの体験報告

BBC放送によるTMとADHD

ジョシュ・グールディングは、薬物治療ではなく超越瞑想によって普通の生活を取り戻すことができたADHD患者の一人です。そのことをBBCニュースが「ADHDの治療法として瞑想を用いる(英語)」報道しています。

TMとADHDについてのビデオ・クリップ

動画:PBSニュース「超越瞑想とADHD」ワシントンDCキングベリー・スクールでのTM導入の紹介

 動画:TMを学んだADHDの子供たちへのインタビュー