薬物依存

1. TMによる薬物依存の効果

超越すること──自然に薬物が要らなくなる

計3400人を対象とした10件の調査の結論:TMはこれまでに調査されたどの方法よりも効果的です

薬物依存症の人たちは、良い気分に浸りたくて薬物に依存するようになります。彼らは薬物が自分にも周囲の人たちにも有害であると理解していますが、依存症は彼らの心の奥深くに根差しているため、表面的な治療法ではあまり効果が得られません。

薬物が欲しくなるのは、結局はストレスが原因です。そして、ストレスが生じるのは、自分に課された要求に対処できないときです。うまく対処できないと不安を感じ、自分なりのやり方でその不安を軽くしようとします。

例えば、タバコ、お酒、薬物、食べ物、コーヒーをとったり、テレビを見て気をまぎらわそうとします。しかし、こうした方法で生活のストレスを減らそうとするのは、近視眼的で不適応な試みです。なぜなら、それらの方法は、物事に対処する能力を少しも高めることはなく、実際には、その人の適応力や能率を低下させていくからです。

その結果、さらに物事に対処できなくなり、ますます薬物などでストレスをまぎらわそうとします。そのために、対処能力がいっそう低下して、さらにまた自分流のやり方にしがみつくという、ストレスの悪循環に陥ってしまうのです。

超越するとき、人々はこのようなストレスの悪循環を断ち切ることができます。TMによって深い休息が得られるとき、根深いストレスが取り除かれ、同時に心は大きな満足を体験します。その結果として、ストレスをまぎらわすために、薬物に頼る必要がなくなってくるのです。薬物をとりたいという欲求が自然に消えていき、それから離れようとする努力さえ必要なくなるのです。

薬物依存症:科学的な研究

薬物依存症に対する超越瞑想の効果に関しては、これまでに計3,400人を対象とした10件の調査が行われてきました。
これらの調査から得られたTMの効果の平均値を、TM以外の方法に関してなされた他の91件の調査から得られた効果の平均値と比較すると、どの方法がいちばん効果的かを正確に知ることができます。

TMは他の方法の2倍から9倍効果的です

Alcoholism Treatment Quarterly 11: 13–87, 1994

この比較研究によって、予防教育は薬物依存症患者にとってほとんど効果がないことが明らかになりました。つまり、依存症の影響について学んでも何の解決にもならないということです。

また、TM以外の方法のなかでは、患者への社会的な影響を扱うプログラムが最も大きな効果がありましたが、それでもTMの半分の効果しか見られませんでした。平均すると、TMの効果は、他の方法と比較して、約6倍大きいことが分かっています。(p=.00009)
(p値については、「p値とは?」をご覧ください)

さらに、重症の薬物依存症患者を対象にした研究結果では、TMは他の方法より3倍から9倍効果があることが確認されました。ここでも、問題が深刻であればあるほどTMの効果は顕著に現れるという一般的な傾向が見られます。

TMを長く行うほど、薬物は必要なくなります

TMテクニックを長期にわたって行うほど、薬物の使用が少なくなります

タバコやアルコールと同様に薬物の依存症に関する調査においても、TMを長く続けるほど薬物をとる必要がなくなっていくことが確認されました。
このことは、ハーバード大学医学部の研究者が1,862人のTM実践者を対象にして行った大規模な調査によって明らかになりました。この研究は、ソフトドラッグ(習慣性のない薬物)とハードドラッグ(習慣性のある薬物)の両方について行われました。

TMを習う前は被験者の80%近くがソフトドラッグを使用していましたが、3カ月後にはその数がほぼ半分の45%になりました。
また、10カ月後にはわずか25%になりました。グラフが示しているように、ドラッグを頻繁に取っている人たちの減少は特に印象的で、ほぼ90%の減少が見られました。

ここでも、TMの効果はそれを最も必要としている人たちに最も大きく現れるということが確認できます。

Drug abuse: Proceedings of the International Conference, Philadelphia: 1972, pp. 369-376

ハードドラッグを取っている人たちにおいても、これと同様のパターンが見られます。TMを3カ月続けた後には80%減少し、10カ月あとにはさらに30%減少しました(この図にはドラッグを利用していない人たちは示されていません)。

注意:これは、ドラッグを止めるためにTMを学んだ人たちを対象にした調査ではありません。研究者たちは、TMを学んだ1,800人の自然な行動を、一定の期間ただ観察しただけです。もし、被験者たちにドラッグを止めようという意思があれば、その効果はもっと大きくなると予想されます。

TMを長く続けるほど効果が大きくなりますが、そうした事実は他の方法とは対照的です。上記の比較研究によると、ハードドラッグの使用を完全に止めた人たちは、3カ月後には、その2/3がまた逆戻りしてしまいました(3カ月後にはドラッグを使用しない人が100%から38%に減少)。また、12カ月後には、80%近くがドラッグを再開しました(ドラッグを使用しない人22%)。

これは、依存症の患者がその習慣を絶つことの難しさと、超越瞑想が彼らの助けになることを示しています。

2. 医師が質問に答える薬物依存とTM

超越瞑想と薬物依存・アルコール依存について医師が質問に答える

Q:アルコール依存はストレスが原因なのですか?

スティクスラッド博士:人々がお酒を飲む理由のひとつはストレスの発散ですが、飲酒には常習性があります。おそらくはそのおかげで、超越瞑想が常習行為の予防と治療にきわめて効果的であることを示すたくさんの有力な証拠があるのでしょう。

ストレスによって若者はドラッグやアルコールに溺れやすくなりますが、ストレスホルモンがアルコールやドラッグと相互作用するため、それらは彼らにとってさらに効果的で満足をもたらすものになるようです。

つまり、あなたがストレスを受けていると、あなたはお酒を飲んだり非処方薬を使うことが多くなり、そして、あなたが摂取する化学物質とストレスホルモンとが相互作用するために、あなたは中毒性物質を本当に楽しむ傾向が強くなるということです。それは恐ろしいダブルパンチです。

Q:では、どうしたら私の子供たちを薬物やアルコールの乱用から守ることができますか?

スティクスラッド博士:薬物やアルコールの問題を予防するための、すべての人に有効な方法はおそらくありませんが、子供たちに超越瞑想の実践を教えることは役に立つと思います。

ティーンエイジャーは超越瞑想プログラムを実践することによって、ストレスを解消できるようになり、内面の平和や内側の幸福を見いだせるようになります。これは、若者を含めた世界中の瞑想者の共通の体験です。心が落ち着いているときの平和に満ちた感じは、とても楽しく、とても心地よいものです。

成人の薬物依存の予防と治療に対する超越瞑想の効用については信頼できる研究がありますが、この研究が青少年については関係がないと考える理由は見あたりません。

Q:アルコールやドラッグの乱用がもたらす害は、若者の場合のほうが大きいと思われます。

スティクスラッド博士:そのとおりです。10年前、青年期の脳はまだ急成長の途上にあることが明らかになったとき、科学者たちはこう考えました。

「このことについて研究する必要がある。アルコールが胎児の脳の成長に甚大な影響を与えることはわかっているのだから、若者たちの脳の発達に対してアルコールはどんな影響を与えるのだろう?」

そして現在では、それは非常に懸念すべきだというのが大多数の意見です。アルコールが脳に与える有害な影響は、成人の場合よりも若者の場合のほうが、ずっと、ずっと大きいのです。

ですから私は、「だれでも酒を飲んでいるのだから、たいしたことではない」という考えから、「私たちは若者たちの脳をドラッグやアルコールの有害な影響から守らなければならない」という考えに180度転換することになると思っています。

そして超越瞑想はそのための手段のひとつになると私は考えます。その第一の理由は、再度言いますが、超越瞑想によってストレス反応が正常に保たれるからです。そして第二の理由は、多くの若者たちがドラッグやアルコールを使って得ようとしているものが、超越瞑想によって得られるからです。それは、心の内側で幸福感、安らぎ、自己満足を体験することと、ストレスを解消することです。

ウィリアム・スティクスラッド(Ph.D.)は、臨床心理学者で、学習障害、注意障害、社会情緒的障害を専門とするグループ診療所、ウィリアム・スティクスラッド&アソシエーツ(メリーランド州シルバースプリング)のディレクターです。また、ワシントンDCの全国児童医療センターで非常勤スタッフを務めています。