より良い人間関係

1. TMによるより良い人間関係

超越することで、人間関係が良くなります

超越とは、私たちはみな繋がっているという体験です

超越とは、一人ひとりの意識の共通の源を体験することです。超越するときには、すべての物が互いにつながっているという真実を直接的に体験します。
(詳しくは「超越すること──人間の最高の体験」をご覧ください)

それは、一人ひとりをつないでいるとても柔らかい、普遍的な愛の体験と言えます。
たとえ自分と他の人との間に目に見えるつながりがなくても、どこかでつながっていると感じるのが愛という感情です。そして、私たちが超越するときには、そのつながっているという感覚が強くなり、自然にすべての人間関係がよくなります。

例えば、日常生活のなかで、私たちは家族や友人に対して愛情を感じていますが、私たちの意識が表面レベルに留まっていると、そうした愛は日々の様々な出来事によって翻弄されてしまいます。

しかし、私たちが超越するときには、木の葉のように揺れていた愛は確固とした普遍的な愛の強さを得ます。そうした普遍的な愛に触れている人は誰でも、自然にすべての人間関係が愛情に満ちたものになるのです。

また、緊張やストレスは、人間の感情の奥深くに流れている普遍的な愛を覆い隠してしまいます。しかし、それが例え根深いストレスであっても、超越するという過程によって自然に取り除かれます。
(詳しくは「PTSD」を参照してください)

このように普遍的な愛の体験と根深いストレスの解消によって、全く努力なく人間関係が改善していきます。

超越瞑想は、私生活でも職場でも人間関係に肯定的な影響を及ぼすことが、数多くの科学的研究によって確認されています。

2. 科学的調査:人間関係とTM

人間関係の改善

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレスの治療を受けている患者のうち、超越瞑想を学んだグループは3か月後に家庭内問題の有意な減少を示しました。それに対して、心理療法を受けたグループは3か月後も目立った変化はありませんでした。

学校における行動面の問題の減少

Health and Quality of Life Outcomes 1: 10, 2003

正常収縮期血圧が高い思春期の子供が、超越瞑想を学ぶグループまたは健康教育を受ける対照グループに無作為に振り分けられました。4カ月後、超越瞑想を実践したグループは、常習欠席、校則違反、停学日数の減少を示しました。

刑務所の更正プログラム

Criminal Justice and Behavior 5: 3–20, 1978

超越瞑想を学んだ厳重警備の刑務所の受刑者は、対照グループの受刑者と比較して、猜疑心が減少していることが分かりました。 

利他的性質の増大

Western Psychologist 4: 104–111, 1974

超越瞑想を学んだ人々は、平均的な人々と比較して、他者の幸福に対する高い関心をもっていることが分かりました。

他者への肯定的評価の増大

Perceptual and Motor Skills 64: 1003–1012, 1987

超越瞑想を実践している大学生は、対照グループの大学生と比較して、彼らの人生で重要な人々(両親、配偶者)に対する肯定的評価が有意に高いことが分かりました。

身体的な攻撃性の減少

Criminal Justice and Behavior 5: 3–20, 1978

超越瞑想を学んだ厳重警備の刑務所の受刑者は、対照グループの受刑者と比較して、攻撃性向が減少したことが分かりました。 

言語的な攻撃性の減少

Criminal Justice and Behavior 5: 3–20, 1978

厳重警備の(凶悪犯罪者用)刑務所の受刑者のうち、超越瞑想を学んだグループは、対照グループと比較して、言葉による攻撃性が有意に減少したことが分かりました。

少年犯罪者の社会的行動の改善

Dissertation Abstracts International 34(8): 4732A, 1974

法律上の罪を犯して少年裁判所に送られた若者が、超越瞑想を学んだ後、親により評価された社会的行動に有意な改善が見られることが分かりました。 

生徒の寛容性の向上

Dissertation Abstracts International  38(7): 3372B–3373B, 1978

超越瞑想を学んだ中高生は、14週間後、対照グループの生徒と比較して、寛容性の向上を示しました。 

職場および私生活での人間関係の改善

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、職場および私生活における人間関係が改善していることが分かりました。

職業生活と私生活における充実感の増大

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、職業生活と私生活における充実感が増していることが分かりました。 

心的外傷性ストレス患者の家庭内問題の減少

Journal of Counseling and Development 64: 212-215, 1985

心的外傷性ストレスの治療を求める患者のうち、超越瞑想を学んだグループは、心理療法を受けたグループと比較して、家庭内問題の有意な減少を示しました。

3. 科学的調査:職場の人間関係とTM

職場での緊張の減少

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、職場での緊張が減少していることが分かりました。

ビジネスと産業

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、業務関連の7つの尺度で評価される職務の首尾一貫性が向上していることが分かりました。

同僚との人間関係の改善

Academy of Management Journal 17: 362-368, 1974

超越瞑想の指導を受けた従業員は、対照グループの従業員と比較して、同僚との人間関係が改善していることが分かりました。

上司との人間関係の改善

Academy of Management Journal 17: 362-368, 1974

超越瞑想の指導を受けた従業員42人を対象とした研究で、これらの従業員は対照グループの従業員と比較して、上司との人間関係が改善していることが分かりました。 

職場および私生活での人間関係の改善

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、職場および私生活における人間関係が改善していることが分かりました。

職業生活と私生活における充実感の増大

Anxiety, Stress and Coping: An International Journal  6: 245–262, 1993

自動車産業の管理職と従業員を対象とした研究で、被験者は超越瞑想を3カ月規則的に実践した後、同じ職場から選ばれた対照グループと比較して、職業生活と私生活における充実感が増していることが分かりました。 

従業員のリーダーシップの質の改善

Career Development International 4: 149–154, 1999

超越瞑想の指導を受けた食品関連企業の従業員は、4カ月後、このプログラムを学んでいない従業員からなる対照グループと比較して、リーダーシップ能力の尺度で有意な向上を示しました。