カテゴリー

タグ: 理想の国造り

勝利王の国造り

勝利王が父王から位を譲り受けたとき、王国は暴動と飢饉に明け暮れるまったくの暗黒時代、未来に夢も希望もない有様でした。王廃しきった国土と、民の悲しみに満ちた姿を目にするにつけ、王は深い哀れみにとらわれました。やがて、豊かな国造りを目指して、立て直しを計ることを心に誓いました。