ライフ

伝説的な選手ジョー・ネイマスが、今でも多くのファンに愛され続けている理由は、瞑想にあった。

アメリカン・フットボールの伝説的な選手ジョー・ネイマス(左写真)は、パンデミックの期間中、人生で最も重要なことに集中していると「タイムズ紙」のインタビューで答えていた。以下は「タイムズ・オンライン」に掲載された記事の抄訳である。

Photo by Ben White on Unsplash

◆ ◆ 

世界から切り離されているわけじゃない

Photo by Anders Krøgh Jørgensen on Unsplash

ジョー・ネイマスは、アメリカン・フットボール界で最も有名な選手の一人である。プロフットボールの殿堂入りを果たしたネイマスは、44年前に引退したにもかかわらず、外向的な人物であり続けている。

70代になっても、人を愛し、楽しい時間を過ごすことが好きな彼は、全米のあらゆる場所に出向いてスポットライトを浴びてきた。しかし、コロナウイルスの流行によって、彼は今、1つ場所に留まっている。それはフロリダ州ジュピターの郊外、ロクサハッチー川沿いにある自宅である。 

ネイマスは先日、タイムズ紙のインタビューに電話で答え、「世界のどの場所にいるよりも、この家にいるのが一番いい」と語っていた。「今、ここに座ってベランダの向こうを見ているが、1キロ先まで川と水が広がっている。イルカが泳ぐのが見えるし、ときどきエイが飛び出してくる。最高だよ。ここは私の好きな場所なんだ」。

ネイマスは、スポットライトを浴びることを「ステージに立つ」と呼んでいる。「ステージに立つのは楽しいことだが、それはどこでも得られるものだ。食料品店に行けば、私のことを知っている誰かがいて、彼らにガッツポーズをしたり、手を振ったりするのは楽しい。だから世界から切り離されているわけじゃないんだ。」

1日20分の昼寝

Photo by Michael Martinelli on Unsplash

年齢を重ねても、ネイマスは頭の回転が速く、楽しいことが大好きな人物として、多くのフットボールファンに愛され続けている。彼はどのようにして、こうしたシャープな状態を維持しているのだろうか? それは、1日20分の昼寝(超越瞑想)にあるようだ。

ネイマスはもともと昼寝が苦手だったが、俳優のボブ・ホープから「仮眠の効果」を教えてもらった。そして、20分の仮眠が心と体にもたらす効果を知ってからは、休息と回復のための他の方法を模索するようになったという。

そんなとき、彼の著書「A Matter of Style」の共著者であるボブ・オーツから超越瞑想(略してTM)を紹介された。超越瞑想とは、意識を高め、ストレスを軽減すると信じられている、マントラを使った瞑想法である。

「ボブがある年のトレーニング・キャンプにやってきたとき、超越瞑想のことを教えてくれたんです。」とネイマスは話した。

「最初はスピリチュアルなものだと思ったので、自分がどのように育てられ、どのような神を信じているのか、といったことを彼に話しました。しかし彼は『宗教とは関係ないよ』と言ってくれたので、試してみたのです。私はすぐに気に入りました。それで今日に至るまで、私は毎日マントラを使っています。」

超越瞑想についてはこちら

ソース:How Joe Namath uses pandemic as opportunity to focus on most important things in life

スポーツ選手は超越瞑想で静かな闘争心を燃やす瞑想のブームは今が初めてではない。例えば、1970年代には多くのアスリートの間で超越瞑想の人気が高まっていた。当時のニューヨークタイムズは、スポーツ界で超越瞑想が流行っている理由を調査し報告している。...
瞑想がアスリートに与える効果とは? 【プレーにおける創造性・状況把握力・判断力を高める】元プロサッカー選手のルベン・サンチャス氏へのインタビューをとおして、瞑想がアスリートに与える効果について見ていきます。プレーにおける創造性・状況把握力・判断力を高めると語られています。...
スポーツは心の競技だ【アスリートと瞑想】クリケットのアスリート、ジョン・ライトは、プレッシャーに打ち勝ち、自分らしいプレーをするために超越瞑想を実践していた。...