健康

ポップ歌手ケシャが摂食障害になった時、助けになったもの

米国のポップ歌手ケシャ(写真)は、2010年にデビューアルバム『アニマル』で全米ナンバーワンに輝き、大ブレイクを遂げた。

その後も順調にキャリアを積み上げてきたが、そうした成功の裏側で、彼女は摂食障害に苦しんでいた。以下は、彼女が摂食障害、瞑想、癒しについて語っていた記事の抄訳である。

congerdesignによるPixabayからの画像

◆ ◆ 

摂食障害に苦しむ

Anemone123によるPixabayからの画像

ポップ界のプリンセスであるケシャは、その華やさの裏側で、毎日、摂食障害に苦しんでいた。成功を手にすると共に、厳しい批判がやってきたが、彼女はそれを無視することができなかったのだ。その時ことをファション誌「ヴォーグ」でこう話していた。

「私は本物になりたかったの。でも、私は悲しかったし、何も食べていなかった。ある晩、母に電話して『私には助けが必要だ』と話し、 摂食障害のリハビリ施設に入ることにしました。そこで、栄養士から食べ物は私の体にとって良いものだと教えてもらったのです。」

瞑想は感謝することを思い出させてくれる

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

こうした助けを得て、彼女の人生はどう変わったのか?

「健康であるとは、前向きであることです。 私はもうインターネットやブロガーに注意を払うことはありません。 前向きな人に囲まれて、毎日ビーチで数マイル走っています。

そして、狂ったような生活の中で平和を見つけるために超越瞑想を始めました。瞑想は、感謝することを思い出させてくれます。自分のいる場所や、自分の体や顔が、たとえ不完全であっても、そのありがたさに気づくようになったのです。」

超越瞑想についてはこちら

ソース:Kesha Åpner Opp Om Spiseforstyrrelse, Meditasjon Og Helbredelse

瞑想が私の助けになるとは思わなかった……いくつかの理由で、私は超越瞑想(TM)を学ぶ気にはなれませんでした。ヨガを熱心に行っていたので、瞑想に関する本はたくさん読んでいたし、瞑...
ハーバード大の教授が教える「幸福と成功の関係」 ー 幸福な人は成功する 知識の樹 人はみんな、幸せになりたいと思って成功を求めている。しかし、人は成功によって幸せになるのではなく、幸せであるときに成功は自...
食物依存症──美味しい食べ物は麻薬と同じ?最近、食べ物にも麻薬やアルコールと同じように中毒性があることがわかってきました。一度スナック菓子を食べたら止まらなくなって、一袋すべて食...