健康

自閉症スペクトラム障害に超越瞑想は有効か?

2015年にコジェント・サイコロジーに掲載された論文 「自閉症スペクトラム障害に超越瞑想は有効か?  一つの視点」では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供や若者にとって超越瞑想(略してTM)が有用な治療法であることが指摘されていた。

Photo by Bruno Nascimento on Unsplash

ストレスを軽減する超越瞑想は、自閉症にも有効か?

Photo by Alireza Attari on Unsplash

デヴィッド・O・ブラック博士、ノーマン・ローゼンタール博士、ピーター・ワラ博士が執筆したこの論文では、自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された人が、超越瞑想の実践から得ている恩恵を詳細にわたって評価している。

自閉症ではない一般人を対象とした研究では、超越瞑想が、ストレスの緩和や特性不安の解消に有効であることや、自制心や感情をコントロールする能力が高まることが確認されてきた。

そのため、ストレス、不安、自己管理能力の欠如といった症状を抱える自閉症の人々に、超越瞑想は有効ではないかという仮説をもとに研究が行われた。

6つの事例研究の2つの共通点

Photo by National Cancer Institute on Unsplash

この研究では、自閉症と診断された子どもや若者(10~30歳)に、TMを毎日2回、15~20分、週に10回以上、3カ月以上実践していもらい、彼らにインタビューを行った。

その結果、参加者の経験から2つの共通点が導き出された。

一つは、研究に参加した被験者全員が、TMは学びやすく、規則的に実践できると感じていたことだ。

もう一つ参加者が感じていたのは、TMを行うと、ストレスや不安が減少し、感情や行動をコントロールできるようになり、生産性が向上することや、新しい環境を受け入れ、それに対処する能力が高まったり、日常の予期せぬ変化に対応する能力が高まるということだった。

また、集中力が向上し、テストへの不安が減少し、睡眠が改善し、癇癪が減少し、ストレスの生理的症状が軽減するといった効果も報告されている。

今回行われた6つの事例研究は、自閉症スペクトラム障害の治療法にTMが適しているかを評価する最初の一歩に過ぎないが、今後の研究のための重要な基礎資料になるだろう。

超越瞑想についてはこちら

ソース:Transcendental meditation for autism spectrum disorders? A perspective

脳の前頭前野を活性化して、自閉症のアスペルガー症候群を改善?【瞑想の効果/体験談】 アスペルガー症候群は、しばしば高機能自閉症と呼ばれることがある。アスペルガー症候群とは、自閉症の範疇に入る病気と関連した発達障害であり...
自閉症スペクトラム障害──超越瞑想は自閉症の子供たちを救えるか?ジョーイは、人生の最初の14年間、書くことも、読むことも、話すこともできなかった。彼は自分自身の内部に閉じこめられていたのだ。何百万人も...
薬を使わない治療法、瞑想が自閉症の子どもを助ける薬を使わずに治療効果が期待される瞑想が注目されている。自閉症の子どもたちが超越瞑想を実践すると、集中力が増し、衝動的な行動の改善が示され...