ライフ

ベストセラー作家マリアン・ウィリアムソンが自分を保つために実践していること

米国のベストセラー作家マリアン・ウィリアムソン(左写真)が、「ORIGIN誌」のインタビューで自分の中心を保ち、バランスを保つために超越瞑想を行っていると語っていた。以下は、そのインタビューからの抜粋である。

Image by Tumisu from Pixabay

◆ ◆ ◆

大きなゲームがこの地球上で起こっている

Image by TweSwe from Pixabay

──あなたを最も生き生きとさせるものは何ですか?

マリアン・ウィリアムソン:私を生き生きとさせる「もの」はありませんが、生き生きとした気持ちにさせてくれる考えがあります。それは、自分自身を超えたところに私をつれていってくれる考えです。例えば、単なる自分の存在よりも、より大きなゲームがこの地球上で起こっていることを思い出させてくれる考えや、愛が奇跡を起こすという考えです。そのような愛が今、本当に必要とされています。

悲しみを尊び、自分に優しくありたい

Photo by Vladislav Muslakov on Unsplash

──感情的な痛みを感じるとき、あなたはどう対処しますか?

マリアン:それは神に委ねるしかありません。痛みというものは、実は、私に痛みを与えるものを私がどう解釈しているかによります。

痛みの中には、人間が生きていく上で必要な悲しみもあります。そのような痛みは、そのための場所を作って受け入れるしかありません。私は自分の悲しみを尊び、自分に優しくしようと思います。自分を悲しませているものが何であれ、それを乗り越えて、うまく扱うための時間を自分に与えるのです

私は盲目だったが、今は見えている

Photo by Cosmic Timetraveler on Unsplash

また、自分自身の誤った考えから生じる別の感情的な痛みもあります。そうした痛みを受け入れることで、私達を別の考えへと導いてくれる出来事が起こり、そうした誤った考えから抜け出すことができます。

それは、「私は盲目だったが、今は見えている」という『アメイジング・グレイス』の歌詞のようにです。多くの場合、精神的な変容の旅を通して、最終的に痛みは癒やされます。自分の目の前のベールが取り除かれ、その痛みを引き起こす思考がどこからやっくるのかが見えてくるのです。私たちがその考えを変えない限り、痛みは残り続けます。

──混乱した状況の中で、自分の中心を保ち、バランスを保つために行っていることはありますか?

マリアン:私は1973年から、TM(超越瞑想)を行っています。

──私が話している人たちは皆、TMをやっているようです。私も始める必要がありますね。(笑い)

超越瞑想についてはこちら

ソース:Marianne Williamson Talks Transcendental Meditation, Enlightenment And Shoulder Pads In ORIGIN Magazine (PHOTOS)

悟りを開くとは? 老子、ブッダ、エマソン、ルーミーなど聖人・偉人に共通する最高の体験 世界中の偉人や聖人たちに起こった「最高の目覚め(真実を瞬間的に垣間見る体験)」を科学的な視点から解説するクレッグ・ピアソン博士(マハリ...
アメリカ超越主義エマソンが体験した「統一された意識」とは?【超越瞑想(TM)との関連性】 アメリカ超越主義の創始者 エマソンとは 1836年に『自然(Nature)』と題されたエッセイが匿名で出版された。このエッセイは...
老子と超越瞑想の関係性(「タオ」の概念は、瞑想で現実化する) えつこ 今日は老子という人物と超越瞑想の関係性について、お伝えします! 一見関係ないように思いますが、両者が見ている価値が同じであると...