ライフ

SSWトム・オデールのストレス解毒剤は瞑想

トム・オデール

イギリスのシンガーソングライター、トム・オデール(30歳)がピアノで奏でるメロディーは、シンセサイザーのビートや表面的な歌詞が氾濫する現代社会において際立った存在となっている。そんな彼が瞑想について語っているインタビューの抄訳です。

Image by Ria Sopala from Pixabay

読書、ジョギング、ヨガ、そして瞑想

Photo by Rémi Thorel on Unsplash

──ツアー中、安定した心を保つために何かされていますか?

トム・オデール:私は読書が好きなので、ツアーに出る前に何冊か本を選んでおきます。ジョギング、ヨガ、瞑想なども好きです。2年ほど前から超越瞑想を始めました。

──瞑想を取り入れることで、日常生活にどのような影響がありますか?

トム・オデール:大きなプラスの効果があります。私は1日に1回か2回、瞑想しています。私のようにツアーに出たり、スタジオでレコーディングすることが多いライフスタイルの人には最適です。穏やかな気持ちになれるからです。瞑想に出会えたことは、とても幸運だったと思います。

必要なのは快適なソファ

Photo by Eduard Militaru on Unsplash

またGQマガジンのインタビューでも、瞑想が最も重要な日課であると語っていた。

──日々の生活の中で、最も重要なアイテムは何ですか?

トム・オデール:私にとって最も重要なことは、ソファを持つことです。何年も前から超越瞑想をしていますが、そのためにはソファが必要なのです。

超越瞑想についてはこちら

ソース:Tom Odell’s stress antidote

強迫性障害で失われていた自分が戻ってきた。英国SSWジョージ・エズラ 若き全英No.1シンガーソングライター=ジョージ・エズラは、長い間、強迫性障害に悩まされてきた。その苦悩から解放してくれたのは瞑想だっ...
若者が実践する、心を落ち着かせる簡単な方法生活のペースが速くなり、インターネットやソーシャルメディア、携帯メールからの際限のない刺激にさらされ、若年層の人々の生活はかつてないほど...
精神性の探求が支えた、成功と困難な道のり──ウェス・カー(ミュージシャン)オーストラリアで最も人気があるミュージシャンの一人、ウェス・カーは、プレッシャーに打ち勝つために瞑想を学んだ。以来、瞑想は欠かすことので...