健康

強迫性障害で失われていた自分が戻ってきた。英国SSWジョージ・エズラ

若き全英No.1シンガーソングライター=ジョージ・エズラは、長い間、強迫性障害に悩まされてきた。その苦悩から解放してくれたのは瞑想だった。瞑想によって自分を変えることができる、と彼は語っている。以下は、Yhoo! newsに掲載された記事の抄訳。

Photo by Дмитрий Хрусталев-Григорьев on Unsplash

◆ ◆ 

私は存在しないという空しさ

Photo by Marco Mons on Unsplash

27歳の歌手ジョージ・エズラは、「PureO」として知られる珍しい形の強迫性障害(OCD)を抱えている。それは押し付けがましい、望まない考えにとらわてしまう病気で、それが彼の人生に大きな影響を与えてきた。

Photo by Sony Music

彼は次のように述べている。

「症状が最もひどいときは、朝、目を開ける前から、その症状は始まり、夜寝るまで続きます。考えられうる最悪の状況を常に考え続けてしまうのです。

私はまるで生きていないかのように、何も活動できない状態でした。この世界の中で、私は実際には存在していないという空しさを感じるのです。」

瞑想によって自分を変えていくことができる

Image by Patricio González from Pixabay

しかし、超越瞑想を始めたジョージは、強迫性障害に対処する上で、はっきりとした違いを感じ始めた。

「みなさんも瞑想を試してみるべきです。私の場合、瞑想を始めてすぐに、人生に肯定的な影響が見られました。それが、私が瞑想を続ける唯一の理由です。瞑想によって、自分を変えていくことができると確信しているからです。」

超越瞑想についてはこちら

ソース:George Ezra felt ‘vacant to the world’ due to OCD

映画「タッチト・ウィズ・ファイア」に描かれた双極性障害(躁うつ病)の隠れた才能とは【瞑想の効果/薬物治療に頼らない】 本記事について ポール・ダリオは、病気と苦闘した実体験に基づいて、双極性障害(躁うつ病)を患う二人の詩人の恋愛をつぶさに描いた傑...
ステラ・マッカートニーは、パニック障害のなか瞑想で自分を取り戻したファッション・デザイナーのステラ・マッカートニーは、23年前、母親の死をきっかけに瞑想に目覚めた。...
不安症・パニック障害・うつ病の牢獄からの解放!【瞑想の体験談/CNNレポート】 本記事について 健康を促進する非営利団体、ASHAインターナショナルの理事長であるガーヤットリーは、超越瞑想(TM瞑想)の助けを...