セレブ

普通じゃない日常を、平安にしたのは瞑想だった

エリック・アンドレのトークショーは、尋常じゃないくらい狂気じみていている。ショーを作っていく行程も普通ではない。二週間の台本書きから実際の製作に至るまで、それに完全に没頭するのだ。彼は、その状況を次のように語っている。

「私はいつも、自分に厳しかったのです。毎日4時間だけ寝て、18時間働き、ランチは食べずに仕事を全て終わらせなくては、と思っていました。」

「それで、セラピーに行き、自分を大切にする必要があると教わりました。私は、人間として必要なことを最初に満たさなければならなかったのです。8時間寝て、3食食べ、決してランチを抜かない、1日2回瞑想して、運動もしなくてはなりません。1日8時間働く方が、12時間働いて、疲れて不安になって怒るより、ずっと生産的なのです。」

そんな状況のなかで彼は、ストレスに対抗する方法として超越瞑想(TM)を学んでみた。

「私は、いつも不安のなかで大きなストレスを抱えていました。しかし、TMが私の生活を変えたのです。オーディションを受け始め、自分のショーを売り込んで、ステージに上がってパフォーマンスができるまでになりました。」

「これが、成功した経営者や、高収入の有名人が行っていることです。ジェリー・サインフェルドハワード・スターンのような成功者は皆、瞑想を実践しているのです。人生には、多くのストレスがありますが、TMは、私が試した中でも一番ストレスに効果のあるものでした。」

彼は毎日、ショーのセットの裏にある控え室に引きこもって瞑想している。インタビューの最中にも彼はこう言っていた。「そろそろ瞑想したいので、もうすぐインタビューを終えてください。」

人生のバランスを取り戻すために、彼は瞑想する時間を確かに好んでいるようだ。そのことは、デヴィッド・リンチのあの言葉を思い起こさせる。

「瞑想の特徴とは、自分がもっともっと自分らしくなるということだ。」

Source:How an agent of chaos Eric André finds his peace of mind by TM HOME