科学的根拠

超越瞑想の科学的根拠 - What’s the evidence?

超越瞑想プログラムについて、380を超える査読調査研究が160以上の科学専門誌によって掲載されています。これらの研究は、ハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)、スタンフォード大学医科大学院(Stanford Medical School)、イエール大学医学大学院(Yale Medical School)、カリフォルニア大学医学部(UCLA Medical School)など、主にアメリカ及び国際的な大学や研究センターで行われています。

また、米国国立衛生研究所 (National Institutes of Health)、米国医学協会  (American Meddical Association)、米国心臓学会 (American Association of Cardiology)、アメリカ心理学会(American Psychological Association)など、米国で最も信頼されている研究機関及び学会において、超越瞑想の効果についての研究発表がされている、または研究資金の提供を受けて研究が進められています。

 

最近の重要な研究結果 ー Highlights of recent published studies

2012年11月 循環器疾患の二次予防におけるストレス軽減
米国心臓協会ジャーナル

5年間の無作為化対照研究において、冠状動脈性心臓病の患者の心臓発作及び脳卒中での死亡が、超越瞑想実習グループでは、対照と比較して48%減少したことを報告した。研究論文(英文)

・2013年6月 血圧を下げる代替的アプローチ
米国心臓学会ジャーナル

米国心臓協会から、超越瞑想は血圧を下げる効果が実証された唯一の瞑想法である、という科学的声明が発表された。研究論文(英文)

・2013年10月 特性不安における超越瞑想テクニックの効果
米国補完代替医療学会ジャーナル

超越瞑想は、特性不安を減少させる効果について、通常の治療やマインドフルネスを基本とした治療、他の瞑想法、リラクゼーションを含む他の代替治療より著しく大きな効果があることが無作為化対照試験(RTCs)のメタ解析によって判明した。研究論文(英語)

 

主な科学的研究

Reduced Stress and Anxiety (ストレスと不安の軽減)

Decreased Depression (鬱傾向の減少)

Reduced Insomnia (不眠症の軽減)

Lower Blood Pressure (血圧の低下)

Decreased Cholesterol (コレステロールの減少)

Reduced Congestive Heart Failure (鬱血性心不全の軽減)

Reduced Atherosclerosis/Stroke (アテローム性動脈硬化症の軽減)

Decreased Free Radicals (フリーラジカルの減少)

Reduced Metabolic Syndrome/ Pre-Diabetes (メタボリックシンドローム/前糖尿病状態の軽減)

Reduced Cardiovascular Risk Factors (心臓血管リスク要因の減少)

Reduction in Pain (痛みの軽減)

Decreased Health Care Costs and Utilization (ヘルスケアの費用と利用の減少)

Higher Levels of Brain Functioning (より高い脳機能)

Improved Intelligence, Creativity and Learning Ability (知性、創造性、学習能力の向上)

Improved Academics (学業成績の向上)

Improved School Behavior (学内行動の改善)

Improved Integration of Personality (統合されたパーソナリティの向上)

Increased Longevity (寿命の延長)

Reduced Substance Abuse (薬物乱用の減少)

TMの研究助成金を拠出している機関と成果発表を行っている主な学会 

米国認証ロゴ

ページ上部へ戻る