超越瞑想法で医療費を削減する

精神的・肉体的健康の改善

600以上の研究の結果、超越瞑想法には以下の効果があることがわかっています(そのうち数百の研究は、論文審査がある世界一流の医学誌・学術誌で発表されました)。

・脳卒中や心臓発作の原因となる頸動脈のアテローム性硬化症が緩和する。
・ストレスホルモンであるコルチゾールの値が下がる。
・血圧が下がる。
・狭心症の症状が緩和する。
・心拍数が減少する。
・呼吸数が減少する。
・身体的興奮が全体的に低下する。これはよりリラックスしてバランスのとれた身体機能の様式を示している。
・慢性的なストレスが減少する。
・高齢者の健康と長寿が促進される。

また超越瞑想法は、喫煙、飲酒、非処方薬の利用などの習慣を減らすことを通して健康を強化します。これらの習慣は、慢性ストレスと行動面で関連しており、毎年数百万ドルの医療費支出をもたらしています。たとえば、「子供をタバコから守るキャンペーン」が公表したデータによれば、喫煙者は生産性を低下させることにより年間976億ドルの経済的損失を生みだしています。

研究その1:医療利用率が55パーセント減少

超越瞑想の実践者2000人を対象として5年間の保険統計を調査した大規模な研究が行われました。その結果は、超越瞑想を既存の健康管理プログラムに組み込んだ場合に何が起こるかを示唆しています。この研究では、超越瞑想の実践者の群は、年齢、性別、職業を一致させた対照群と比較して、入院、通院ともに医療利用率が55パーセント少ないことがわかりました。超越瞑想群は、どの疾患分類でも発症率が低く、たとえば、心臓病による入院率は87パーセント低く、癌による入院率は55パーセント低いという結果が出ています。超越瞑想群と非超越瞑想群の間の違いは、40歳以上の年齢層で最も大きくなっています。

SRP213-1.jpg
参照文献: Orme-Johnson, D. W. (1987). Medical care utilization and the Transcendental Meditation program. Psychosomatic Medicine; 49(1): 493-507.

研究その2:高齢者の5年間の医療費支出が70パーセント減少

65歳以上の超越瞑想の実践者を対象とした研究で、超越瞑想法が高齢者の医療費支出を減らすことができるかどうかが調査されました。65歳以上の超越瞑想実践者163人が治療のために医師に支払った医療費が、年齢、性別、その他の要素を一致させた対照群の被験者163人の医療費と比較されました。TM群の5年間の医師への支払いは累積的に減少し、対照群より70パーセント少ないという結果が出ました。高齢者の医療費はその他の年齢層に比べて過度に高くなっているので、この結果はことに重要です。高齢者の医療費の上昇は、世界中の政府および健康保険会社にとって大きな懸案事項になっています。

参照文献: Herron, R.E. Cavanaugh, K. Can the Transcendental Meditation Program Reduce the Medical Expenditures of Older People? A Longitudinal Cost Reduction Study in Canada. Journal of Social Behavior and Personality 2005; 17: 415–442.

研究その3:抗高血圧薬より費用対効果が高い

無作為化試験を行ったいくつもの研究によって、超越瞑想法は薬物療法と同じくらい効果的に高血圧を緩和することがわかっています。1996年に『American Journal of Health Promotion』に発表された研究では、超越瞑想法の費用対効果が、上位5種類の抗高血圧薬を20年間使用した場合の費用対効果と比較されました。

この研究の結果、超越瞑想法は最も費用が少なく、健康面の利益が最も大きいことが示されました。超越瞑想の費用は、抗高血圧薬の費用よりも23.7パーセントから72.9パーセント少ないという結果が出ました。前述したように、超越瞑想プログラムは有害な副作用を起こすことなく健康面の幅広い利益を生みだすことは、600を超える研究によって実証されています。

参照文献: Schneider RH, Alexander CN, Staggers F, Orme-Johnson DW, Rainforth M, Salerno JW, Sheppard W, Castillo-Richmond A, Barnes VA, Nidich SI. A randomized controlled trial of stress reduction in African Americans treated for hypertension over one year. American Journal of Hypertension, 18:88-98, 2005.

TMの研究助成金を拠出している機関と成果発表を行っている主な学会 

米国認証ロゴ

おすすめ記事

  1. かつては、会社のソフトボール・チームを持つことが、従業員のストレスを解消し、勤労意欲を向上させる方法...
  2. 生産性を上げるために残業し、努力すればよい、という考えは時代遅れになりつつある。

注目記事

  1. 2016.6.9

    国際ヨガの日 前夜祭

    国際ヨガの日オフィシャルTシャツの披露6月9日にインド大使館で行われた国際ヨガの日の前夜祭で、当...
ページ上部へ戻る