家庭で行える不眠症の効果的な治療法

厚生労働省の調査によると、日本では約5人に1人が不眠の症状で悩んでいるといわれます。

不眠症には多くの原因がありますが、そのもっとも大きな原因は不安やストレス。不安や心配ごとがあると、布団に入ってもそのことが頭に浮かんできて、なかなか寝付けない、なんてことはよくありますね。というのも、ストレスは心を興奮させ、睡眠と目覚めのバランスを乱してしまうからです。ですから、不眠症を改善するために、心と体をリラックスさせる時間をとり、ストレスや不安を取り除くことが一番です。

ストレスが減れば減るほど、よく眠れる

では、どうしたらいいのでしょうか? 温かいお風呂に入る、寝る前はゆったり過ごす、オイルマッサージをしてみる……などありますが、そうした心身をリラックスさせる手軽な方法の一つとして、最近、瞑想が注目されています。

レディース・ケア・ヘルスの記事「家庭で行える不眠症の効果的な治療法」によると、瞑想にはストレスを減らし、否定的な考えを減少させる効果がある、ということです。

「瞑想、特に超越瞑想は、ストレスホルモン──例えば、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾール──の分泌を減らすことで、ストレスのレベルを下げ、否定的な考えを手放すのを助けくれます。それによって心の健康が増し、不眠症が改善されていくのです。」

朝と夕方に20分ずつ行う簡単な瞑想──超越瞑想は、心と体に深いリラクゼーションをもたらすテクニックとして知られています。

実際、不眠症に悩む人たちがTM(超越瞑想)を学ぶと、症状が徐々に軽くなっていくことに気づきます。人気上昇中のポップ・スター、スカイ・フェレイラ(22歳)も不眠症を改善するためにTMを始めた一人です。彼女はその瞑想効果を次のように話しています。

「わずかな期間に私の生活全体が驚くほど変わりました。ステージに上がる恐怖も少なくなりました。そして昨夜は、人生で初めて8時間も自然に眠ることができたのです。最高に気持ちのよい眠りでした。これまで試してきた薬物療法や他の治療法よりもTMはずっとよいものでした。」

頭のなかのおしゃべりから解放される

また、TMを行うと心が静まり、内側の批判者から逃れることもできます。内側の批判者とは、私たちを不安にさせ、ストレスを感じさせる私たち自身の頭のなかの声です。TMによって、頭のなかのこうしたおしゃべりが静まってくると、心に大きな癒やしの効果が生み出され、体に深い休息とリラクゼーションがもたらされるのです。

超越瞑想を行うことで、不眠症が改善されることは、多くの科学的研究によっても明らかにされています。不眠症に悩む人は、毎日の食事を正して、暖かいお風呂に入り、マッサージを受けてリラックスする以外にも、頭のなかのおしゃべりを静めるために、瞑想を試してみるのもいいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る